Entertainment

蒼井優「私にもこじらせていた時期があって、やたら植物とか育ててました」

蒼井優自身にもこじらせた時期があった?



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=633503

『アズミ・ハルコは行方不明』より_3

『アズミ・ハルコは行方不明』より

――春子は年齢を意識している女性です。27歳を経験したご自身が演じられてよかったと思いますか?

蒼井:思いますね。山内さんも30歳を超えてこの作品を書かれたらしいんです。30歳手前の女子の3年くらいを、私は“第二思春期”って呼んでいて。女友達と第二思春期について話すことも多いんです。山内さんも第二思春期を終えたときに、忘れないうちにこの時期について書かなきゃ! とハッと気づいて、一気に書かれたそうなんです。第二思春期あるあるが詰まった作品だなと思いました。

 第一次の思春期は将来を考えて漠然と不安になったりしていたのが、第二次の思春期というのは、後ろも振り返り始めるんですよ。振り返ってもしょうがないし、前を向いていればいいのに、あのときの私はなんで最強だったんだろう、無敵だったんだろうとか。考えてもしょうがないことを考え始めたりする。

 実際、これがこじらせるってことかっていうくらい、私もこじらせていたので(苦笑)。やたらめったら植物を育て始めたり、ずっと土いじりしてたり。だから春子のあのぐるぐる同じところで回っている感じは、すごく分かる。というか、私も経験しているんです。

次のページ 
自分を受け入れないと、何も始まらない

1
2
3




あなたにおすすめ