Entertainment

ぽちゃ猫×イケメン忍者…『猫侍』に次ぐドラマ『猫忍』が笑える!【大野拓朗、猫愛を語る】

「猫」×「時代劇」という斬新な組み合わせで、「癒し系時代劇」という新ジャンルを確立し、話題を呼んだ『猫侍』。そのスタッフが再集結し、この度、新作の放送がスタートします。今度は「猫」×「忍者」――『猫忍(ねこにん)』です!

「猫忍」大野さんと金時

主人公・陽炎太を演じる大野拓朗さんと主演猫の金時。金時の登場に、会場からは「かわいい~!!」と大歓声が。

ぽちゃ猫を「父上」と思い込む、こじらせ忍者!



 物語の主人公は幼い頃、突然、目の前から姿を消した父親のことを思い続け、なんだかこじらせてしまった忍者・久世陽炎太。ある日、出会った赤鼻のデブ猫をなぜか「父上」だと思い込み、ともに暮らし始めるというもの。

 1月4日から順次オンエアされるテレビシリーズと、続く5月20日公開の劇場版を通じて、「父上」の親子の絆、陰謀渦巻く忍者の抗争、陽炎太の成長が描かれるわけですが……、当然、猫萌えシーンは盛りだくさん。遊び心満載の演出でゆる~く描かれていきます。


 その、こじらせ忍者・陽炎太を演じたのが、注目の若手俳優・大野拓朗さん。実の父上に船越英一郎さん。そして、「父上」を演じる新たなスター猫が、本作で役者デビューの金時(きんとき)。その体重、なんと8kg超!

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=642244

猫忍大野さんと監督

2016年12月23日に行われた先行上映会で大野さん、渡辺監督が舞台挨拶。 主演のバトンタッチならぬ、主演猫のバトンタッチ(ハイタッチ)で『猫侍』の主演猫あなごも登場

「『猫侍』シリーズが大好きだった」という、久世陽炎太役の大野拓朗さんに話を伺いました。

『猫侍』から続く、ほっこり感



――「猫を父親だと思う忍者」という役どころを知ったとき、どう思われましたか?

大野「『なんだよっ! 最高っ!』って思いました(笑)。猫を父上だと真剣に思いこむ、そのバカバカしさというか、ほっこり感は『猫侍』から続く、このシリーズの醍醐味だと思います」

猫忍 忍者ポーズ

8㎏越えの金時を片手で抱き上げ忍者ポーズ

――本シリーズといえば、やはり猫の存在です。金時はどんなコでしたか?

大野「金時って、あの図体で、実は気が弱くて、抱っこ大好きの甘えん坊なんです。抱っこするとガシッて僕につかまってきてくれて、僕のひざの上や腕枕で寝てくれたり。

 映画版で、一杯飲み屋に父上といるところを酔っぱらいに絡まれる……といいうシーンがあるんですが、そんなとき、父上――金時は自分から僕を求めて腕の中にきてくれたんです! そうしたことひとつひとつがすべて、愛おしかったです」

次のページ 
金時をだっこすると、むにょ~っとなる

1
2
猫忍写真集

幼い頃生き別れになった父は猫に変化していた!?
ドラマ初出演「父上」こと「金時」の撮り下ろし写真満載

あなたにおすすめ