Lifestyle

講談社次長の逮捕で考える…イクメン幻想と、夫婦トラブルのドロ沼化

 自宅で妻を殺害したとして、講談社の編集次長・朴鐘顕容疑者(41)が殺人容疑で1月10日に逮捕されました(本人は容疑を否認)。

 朴容疑者と妻との間では育児をめぐって度々トラブルがあったことが報じられています。

 敏腕編集者と名高い一方で、ツイッターでは子育てを熱く語り、2ヶ月の育児休暇を取っていた容疑者。激務の男性編集者が育休を取るのは、ありえないほど珍しいですが、妻側は「夫が育児をしない」と区に相談していたといいます。

イクメン幻想

写真はイメージです

 育児・教育ジャーナリスト、心理カウンセラーで「パパの悩み相談横丁」管理人のおおたとしまささんに話を聞きました。

「イクメン」であるがゆえのイザコザ



――まず、今回の報道をどのように感じましたか?

おおた「事件の真相は不明だという前提で言うと、育児や教育をめぐっての夫婦間トラブルが、もし殺人事件に発展してしまったのなら、ちょっと飛躍しすぎだなという感じはします。何かもっと闇の部分があるのかもしれません。

 ただ、事件にまでならなくとも、子育てをしている父親・母親がギリギリまで追い詰められてしまうことは珍しくないんです」

――社内・近所から「イクメン」と評判の夫であっても妻とのイザコザは絶えないものなのでしょうか。

おおた「夫が子煩悩で“イクメン”であることが、逆にイザコザのひきがねになることもあるんですよ」

イクメン幻想2

写真はイメージです

――というと?

おおた「昔は、仕事で忙しい夫は子育てを妻に全て任せきりということがザラでした。もちろん妻の負担はかなりのものですが、その分、夫は子供のことは妻に信頼をおいて任せていたとも言えます。

 なので夫は妻に余計な口出しはできず、妻も自分の方針で子育てできていたところがあります。

 ところが、今回のように夫が育休を取ったりして“イクメン”をやればやるほど、妻への口出しやダメ出しも増える。これは僕自身も時々やってしまうのですが…。

 意見の違いが出てきてイザコザが起きるんです」

――それは皮肉なことですね。意見の違いはどのように起きるのでしょうか?

おおた「例えば、母親は『子どもに天然ジュースしか飲ませない』、父親は『時にはコーラ飲んだっていいじゃないか』と。すると母親は『たまにしか子育てしないくせに勝手なことを』と怒り、父親は『俺だって仕事も育児も精一杯やってる』とケンカになるわけです。

 そんな小さなズレが積み重なっていくと『私たちの教育方針は全く一致しない!』と思い込んで、夫婦関係が険悪になっていく。でも、夫婦なんだから意見が一致するという考えこそが、そもそも幻想なんです」

次のページ 
仕事と育児で、疲れ果てて険悪になる夫婦たち

1
2
大学付属校という選択 早慶MARCH関関同立

大学入試改革開始を2020年度に控え、中学受験で大学付属校の人気が高まっている。入試改革の不透明さを回避するためだけでなく、大学受験にとらわれることのない教育そのものが「脱ペーパーテスト」路線の高大接続改革を先取りしているからだ。早慶MARCH関関同立の11大学に焦点を当て、大学付属校で学ぶ意義を探る。

あなたにおすすめ