♂&♀

彼女の下着姿に興味ない!? 下着にまつわる男女のスレ違い【性活コラム】

AV男優・森林原人の性活コラム 第23回】

経験人数7,500人、出演本数10,000本以上、下は18歳から上は69歳まで、性別の垣根を越えてさまざまなエッチを経験するAV男優・森林原人さんが、性にまつわるあれこれについて語ります。

 セックスにおける男女のすれ違いは、したくなるタイミングや行為のやり方、後戯の有無といったところ以外でも起きます。シャワーを浴びてからか、そのままか。電気点けたまんまか、消したいか。そして、どんな下着を選びいつ脱ぐか。

 今回は、下着にまつわる男女のすれ違いについてお話しします。

下着にまつわる男女のすれ違い

男は“見えない下着”に興奮する



 男はチラリズムに弱く、ブラチラやパンチラ、ブラ線パンツ線に大興奮します。そのくせいざセックスする場になると、下着をじっくり眺めることなくさっさと脱がせ丸裸にしちゃう。見られてもいい、いやむしろ見てほしいと思い勝負下着を選んだ女心と、隠されている時にチラッと見える下着がいいんであって、セックスしはじめた女性の下着には興味ないという男心。すれ違っています。

高級感好きな女と場末感好きな男



 さらに、シルクやサテンなど肌触りのいい素材を使い、花や蝶々などの繊細な刺繍が施された高級感溢れる下着より、化学繊維で蛍光カラーでスケスケで、といった場末のスナックのママ感漂う安っぽいエロ下着の方が男からしたらグッときたりするから、女性からするとこだわる気が失せること請け合いです。

 でもはっきり言って、女性の高級下着の価値と値段が見合っていると納得する男はほとんどいません。「この刺繍がつくだけで何千円も違うの? 洗濯に気をつかう下着なんてめんどくさくない?」。さらに個人的には、「どうせこだわるならガーターベルトを着けるとか、亀甲縛りみたいに紐がグルグルしたTバックとか、違いがわかりやすい方が費用対効果がいいと思うんだけどなぁ」って感じです。最近Twitterで盛り上がっていた、「#童貞を殺す服」で出てくるような格好を「露出過多なだけ」と一刀両断しちゃう女性には、男のツボを理解してもらうのは難しいでしょう。

 わかりやすく男がそそられる傾向はこんな感じです。

・露出過多(女性にとって機能性に乏しい)
・目に優しくない色(一歩間違えると安っぽい)
・2次元感(女性からすると可愛いとは思えない)


 これだけでもやれやれって感じでしょうが、ちょっとひねくれた男だと「上下お揃いの下着より不揃いの方が、元々はやる気じゃなかったけど俺と会ってやる気スイッチを押されちゃったって感じがするからうれしい」と言います。めんどくさーって感じでしょう。

下着の上下を揃えた方がいいのか問題



 一般的には、下着の上下を揃えるのが良しとされています。大抵の男も揃っている方が「自分と会うために準備してくれたんだな」と思ってうれしいものです。ただ、上下不揃いがいいというのには他にも理由があると思います。不揃いなのを見られるくらいなら、いっそ全裸を見られた方がマシという乙女心。この恥じらいにそそられます。女性からしたら納得いかないでしょうが、下着姿でしばらくいてほしいと思うのは不揃いの時だったりします。逆を言えば、万が一不揃いの時にそういう風になったら恥じらいでカバーできるということです。

 とは言っても、不揃いの方がいいというのは少数派ですし、どんな不揃いのパターンでもいいかというと、そうではありません。キティーちゃんとかサンリオのキャラクターの入ったボクサーパンツは、なんとなくメンヘラ臭を漂わせるので深入りしないでおこうとブレーキになります。あくまでも経験値からの話ですが。

次のページ 
AVで青の下着がタブーなワケ

1
2
イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」が書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.

あなたにおすすめ