Beauty

月経カップってどんなもの?そのメリット・デメリット

 日本で生理用品といえばナプキンやタンポンが一般的ですが、最近チラホラ噂を聞くのは『月経カップ』(ムーンカップ)。 月と女性 海外では一般的というその月経カップ、どうやって使うのか、使い心地はどうなのか、膣のゆるみやニオイなど、女性特有の悩みを専門としている産婦人科専門医・上田弥生医師にお話を伺ってきました。

膣内に挿入しておくシリコンカップ

 月経カップはシリコンでできたカップで、生理中に膣内に挿入しておくと、カップが経血を受け止めてくれるというものです。
月経カップ

月経カップ

 カップの外側底面には、ステムと呼ばれる出っ張りがついていますが、長すぎるときは切っておきましょう。挿入の際にはよく手を洗い、カップを細く折り曲げて入れやすくして。  タンポンは奥の方までグイッと入れますが、月経カップは膣の入り口のほうが定位置。第一関節まで指を入れて、先ほどのステムに触れるぐらいがちょうどいいと言われています。

使い回せて、漏れも臭い漏れ、かぶれもナシ!

「メリットは慣れれば簡単なこと、経済的なこと。そして臭いが少ないことと、うまく使えば漏れにくいです。しかも蒸れない、かぶれない。  ナプキンを使っていないので繊維が残らない。  またナプキンとタンポンですと、それらに細菌が繁殖して感染症のリスクが生じますが、そうしたリスクが減ること。メリットは多いですね。ナプキンをつけなくて良い方もいらっしゃいます」(上田先生)  なんだか、良いことだらけじゃないですか!? これは是非使ってみたい。だけど個人的には、保管方法や、生理中の洗浄方法、出し入れのときに指が汚れてしまうのではないか? などなど、様々な疑問や心配があるのですが……。
次のページ 
出し入れの時に●●を使うと良い!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ