Entertainment

菅田将暉がソロ歌手デビュー。お上手でも魅力がない原因は

 先日、本田翼との熱愛が報じられた俳優の菅田将暉ですが、仕事も絶好調。映画、ドラマ、CMと引っ張りだこで、今度は歌手としてソロデビューも果たすとのこと。

 auのCMソングでオンエアされている「見たこともない景色」のリリースが6月7日に決まり、話題になっています。前回は桐谷健太の「海の声」でブームになったauの音楽シリーズですが、さて今回はどうでしょう。

⇒【YouTube】はコチラ 菅田将暉 『見たこともない景色』Short Ver. https://youtu.be/hHM5VJQ5NRg


 曲はのんびりしていた「海の声」とうって変わって、疾走感あふれるバンドサウンド。歌詞もかなりアツい。<かわしたわけない約束 守ることのために走る>なんて、連帯保証人になってくれそうな勢いです。CMで演じる“鬼ちゃん”ではなく、菅田将暉本人のキャラに寄せたのでしょうか。

菅田・高畑は上手なだけ、桐谷・長澤のほうがチャーミング



 肝心の歌は、お上手なのです。けれども、積極的に“これいいよ!”と押したくなるのとは違って、ひとまず歌い切った事実に対して“がんばったね”と労うしかないような……。

 桐谷健太よりは正確なように聞こえます。しかし、伝わってくるのは楽曲の魅力ではなく、“こんなこともできる”菅田将暉のプロモーション。その点で、「海の声」とは対極だと感じるのです。

※菅田将暉は「グリーンボーイズ」のメンバーとして2017年1月にCDデビュー


 これは高畑充希にも言えることで、“この人は歌っている自分が好きなだけなんじゃないか”と思わせてしまう。長澤まさみのように、曲やシチュエーションによって声のトーンを変えようともしない。それはやはり音楽そのものに無頓着だからで、菅田将暉の歌と共通している点でしょう。残念ながら、チャーミングではないのです。

 では、この“私デキます”みたいなやる気が歌に表れてしまう原因は、一体どこにあるのでしょう? 昭和の大作曲家・浜口庫之助が面白いことを書いていました。

才能というものは、気をつけないと、人から反感を持たれたり、うらまれたりするものだ。刀みたいなもので、しょっちゅうベロベロ出して歩くものじゃない。いい刀は鞘に納めておくものだ。
(『ハマクラの音楽いろいろ』 著・浜口庫之助 立東舎文庫 p.145)

次のページ 
本職じゃないけど、素晴らしい歌い手2人

1
2
あなたにおすすめ