Entertainment
Love

女性は“押し倒されたい”ばかりでズルい。押し倒せ!【山科ティナ×DJあおい対談】

 Twitterで話題の『#140のロマンス』『#アルファベット乳』など、胸キュン系マンガで注目のマンガ家・山科ティナさん。東京藝術大学の現役大学生である彼女は若い女性を中心に人気を集めています。

 そんな山科さんの作品を集めたコミックス『#140文字のロマンス』(祥伝社)が4月8日に発売。それを記念して、今回は山科さんがファンだという、人気ブロガー・DJあおいさんとの対談が実現しました。

 DJあおいさんはTwitterで独自の恋愛観を綴り、“謎の主婦”でありながらフォロワー22万人を誇る恋愛のカリスマ。以前からSNS上では交流があったというふたりから、山科さんのマンガを軸にお互いの恋愛観そして急増中のオクテ男子について話してもらいました。

140文字のロマンス

『#140文字のロマンス』(祥伝社) 画像をクリックするとAmazonのページへジャンプします。

女性は「押し倒されたい」ばかりでズルい



――まるで恋愛ドラマのような山科さんの作品『#140のロマンス』。あおいさん読んでみていかがでしょうか?

あおい:ティナちゃんのマンガはエロい!(笑)。描き下ろし作品『私の彼はえっちをしない。』の中で、彼が彼女をくすぐるシーンがありましたよね。これだけで、もう前戯になっているというか。直接的なことは全然触れていないのに、女性のツボを突くような内容になっているのはすばらしいです。

山科:ありがとうございます。ダイレクトに表現しないで、どこまでドキドキできるのかっていうのが私のマンガだったりします。こういうシチュエーションがあったらいいな、という妄想を詰め込んでいくような…。

⇒【マンガ】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=695207

「私の彼はえっちをしない。」より(『#140のロマンス』収録)(C)Tina Yamashina/shodensha

――今、山科さんは現役の大学生ですけど、マンガに出てくるような女性に手を出してこない奥手の男性は周囲に増えていますか?

山科:よく聞きますね。それで女性側が『私の彼は~』の主人公のように悩んでしまうこともあるんじゃないかなと。もちろん逆のほうが多いと思いますが。

あおい:でもそんな風に女性が悩んでくれたら男としてはうれしいでしょうね。でも現実的にこういうヤサ男とつきあうことになってしまったら、もう女から押し倒せ(笑)! 女性は押し倒されたいばかりですからずるいんですよ。

――セックスは共同作業ですし。

あおい:その通り。それから最近、世論がセックスレスに対して過剰反応しすぎな傾向があります。それよりも私が大事だと思うのは会話かな。エッチは年齢を重ねたらいずれしなくなりますけど、会話はずっと続くもの。ふたりしかいないのに話をしなくなくなったら終わりですよ。

山科:…深いですねえ…高校生のとき、初めてあおいさんのブログを読んだことを思い出します。友達に相談しても得ることができなかった答えのオンパレードで、あの衝撃が忘れられません。客観的にズバッと答えを導いてくれて、明るい未来をイメージできたなあ。

次のページ 
「共感」よりも「妄想」が大事 

1
2




あなたにおすすめ