Entertainment
News

反中国のリチャード・ギア、ハリウッドで干されるも、高須院長が救いの手!

オスカーの代わりに「高須平和賞」受賞の名誉に!

『ビジネス・インサイダー Business Insider』が指摘するように、大手スタジオは中国ウケすることばかりを考えているのが現状。実際、中国マネーが投入された『トランスフォーマー/ロストエイジ』では不自然な中国関連シーンが多く使われ、『ドクター・ストレンジ』の製作陣は中国政府を慮(おもんばか)ってチベット僧キャラを白人に変更しました。  そんなご時世だから、中国から嫌われるリチャード・ギアの居場所が、ハリウッドのメインストリームからなくなってしまったのは当然なのです。  輝かしい過去を持つにも関わらず中国とハリウッドに煙たがられ、アカデミー賞には一度もノミネートされたことがないという不遇の名俳優。  このニュースを知った美容外科・高須クリニックの高須克弥院長は、ギアを「全力サポートする!」とツイッターで宣言。遺産で創設予定という「高須平和賞の第二号はリチャードギアに決定したぜ」と発表しました。捨てる神あれば、拾う神あり。信念を貫くリチャード・ギアに幸あれ! Source: 『Hollywood Reporter』http://www.hollywoodreporter.com/features/richard-geres-studio-exile-why-his-hollywood-career-took-an-indie-turn-992258?facebook_20170423 『Wall Street Journal』https://blogs.wsj.com/chinarealtime/2016/11/14/china-set-to-overtake-u-s-as-worlds-largest-cinema-market/ 『CNN Money』http://money.cnn.com/2017/01/20/media/paramount-movies-studio-china-finance-deal/ 『Business Insider』http://www.businessinsider.com/hollywood-movies-in-china-2016-10/#marvels-doctor-strange-changed-the-ancient-one-from-tibetan-in-the-comics-to-celtic-if-you-acknowledge-that-tibet-is-a-place-and-that-hes-tibetan-you-risk-alienating-one-billion-people-who-think-that-thats-bullshit-and-risk-the-chinese-government-going-were-not-going-to-show-your-movie-doctor-strange-screenwriter-c-robert-cargill-said-1 <TEXT/アメリカ在住・橘エコ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
橘エコ
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ