Gourmet

カール販売終了…だけじゃない!アノお菓子も終わってた悲しみ

 先月25日、のどかな風情の“カールおらが村”のホームページで、決して穏やかじゃないお知らせが公開されました。

 「株式会社明治は、スナック菓子『カールチーズあじ』および『カールうすあじ』の全国での販売を終了し、関西地域以西での販売とさせていただきます」

“カールおらが村”公式サイト

お知らせが公開された“カールおらが村”公式サイトより http://www.meiji.co.jp/sweets/snack/karl/

 この発表はまたたく間に“村”から全国へ広がり、カールに慣れ親しんだ人々に大きな衝撃を与えました。販売縮小の理由は収益性の悪化。確かに、「家に必ずなきゃダメ」というほど食べていたわけではありませんが、誰もが知るお菓子がこんなにあっさり消える日がやってくるとは…。

 いや、待てよ。よく考えてみると、スーパーや駄菓子屋にいつも陳列されていたのに、いつの間にか見なくなったお菓子がほかにもあるではないか! 例えばこんなお菓子、覚えていますか…?

ぬ~ぼ~(森永製菓)



 1988年に発売された「ぬ~ぼ~」。もう見かけなくなって久しいお菓子ですが、1996年に販売が終了していました。同社の技術でチョコレートの中に多量の空気を含ませて軽い食感を実現したというスナック菓子で、当時は新食感でしたね。

 その美味しさもさることながら、印象的だったのはあのパッケージに描かれた黄色くて丸いフォルムのキャラクター。そっちの方がより深く記憶に刻まれている人が多いかも?

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=717801

ぬ~ぼ~なこころ

ぬ~ぼ~なこころ公式サイトより http://www.morinaga.co.jp/noobow/

 実は、あのキャラだけは2008年に復活していたのをご存じでしょうか。「ぬ~ぼ~なこころ」というウェブサイトが開設され、グッズが発売されたり、アニメが配信されたり、“ゆるキャラ”として今でも人々に安らぎを与えるべく活動しているようです。

ハンコください!!(カネボウフーズ、現・クラシエフーズ)



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=717814

ハンコください!!(カネボウフーズ、現・クラシエフーズ) 1980年代後半から1990年代前半にかけて販売された「ハンコください!!」は、そのユニークなネーミングで人気を博したチョコレート菓子。

 よくいわれているようですが、「きのこの山」にそっくり。でも、食べる前に思わず紙にペタペタやりたくなるあのハンコの形に子供心をくすぐられたのです。

 その名の通り、チョコレートの部分に「山本」や「ヒロコ」などの名前が彫られていて、よく自分の名前を探しました。まあ、ハンコなのに鏡文字にはなってなかったんですけど。

 なお、チョコレート部分がハート型のイチゴチョコになった「お返事ください」という姉妹品もありました。

チョトス(ブルボン)



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=717829

チョトス(ブルボン) ラスクにチョコレートがたっぷり染み込んだ「チョトス」は、比較的記憶に新しいお菓子ではないでしょうか。

 ザクザクとした食感もよくて、食べ始めたらカップが空になるまでノンストップでした。でも、そういえば最近あんまり見かけない…。

 ブルボンのホームページを見ると、やっぱりない! ブルボンに電話で問い合わせてみたら、2011年9月に製造が終了していました。しかももう6年前。

 次第に売れ行きが悪くなり、商品の見直しがなされた際に販売中止が決定したとのこと。こうして古い商品は整理され、新しい商品がどんどん世に出ているんですね。

次のページ 
なつかしい!カルミンってカルシウムから名付けられてたらしい

1
2
あなたにおすすめ