Gourmet
Lifestyle

“鉄子”じゃなくても楽しい!出会える鉄道バー「神田鐡道倶楽部」に行ってみた

 幸せになれる恋をしたい女子のみなさま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。

 いつの時代も、恋のお悩みベスト1と言えば、なんといっても「出会いがない」ですが、取材していると、出会いがあるのは職場や学校以外では、「飲み屋さん」。しかし、私のように煙草が苦手な女子にバーは危険地域です。

 そんな中、「完全禁煙なうえ、鉄道マニアが喜ぶ仕掛け満載のバー」が開店したというので、チェックに出かけてきました。

鉄オタでなくても楽しい「鉄道バー」



鉄道バー_1 出かけたのは、JR神田駅構内にある、その名も「神田鐡道倶楽部」。鐡道好きな男女が集える鐡道に特化したお店に違いない…と思いつつも、私はマニアではありません。ゆえに、「これが**駅の○○だ」と言われてもまったくピンと来ませんが、そんな私が出かけても、めちゃくちゃ楽しかったのです。

 場所がとても便利で、お店は神田駅のJR改札から地下鉄方面に向かう途中にあります。なので、雨が降っていても、暑くても、外に出ないで入れるのです。

 中はカウンターのみの13席ですが、結構広々としてまして、女性一人でも気軽に入れます。禁煙ですし、なによりも「鉄道」に特化した工夫が随所に施されているので、フラリ一人で出かけてもまったく飽きることがないのです。

 たとえば、各席の椅子が電車で使っていた椅子だったり、席の番号が「○○号車」となっていたり、インテリアに各地の駅で本当に使われていた「地名看板」が使われていたり。

鉄道バー_2

電車の座席番号のよう

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=729601

鉄道バー_3

椅子は電車のシート

鉄道バー_4

地名の看板がいたるところに

 食事のメニューは、かつてのブルートレイン食堂車で提供していたカレーライスやベロネーズなど調理されて出されるもののほかに、人気の駅弁や車内販売で人気の商品「アイスクリーム」や「ホタルイカの素干し」など。

 私が出かけた日には、各地の駅弁フェアで大人気の「牛肉どまん中」と「サバの押し寿司」が販売されていて、レストラン内では「鯵の押し寿司の3個入り」がリーズナブル(450円)に提供されてました。

 ただし、「押し寿司の3個入り」は注文したら、ちょうど売り切れてしまったうえ、お持ち帰りできる「牛肉どまん中」も滞在中に売り切れたので、見たら「ソッコー注文する」くらいの意気込みがいるのかもしれません。

食事メニュー

 一方、飲み物は、JR東日本管内にある新幹線各路線の終着駅をイメージしたというカクテルが面白かったです。新潟生まれの私は、上越新幹線の終着駅新潟をイメージして作られたというオリジナルカクテル「とき」(700円)をチョイス。新潟のお酒が使われているせいか、とても飲みやすく、美味しかったです。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=729607

鉄道バー_5

オリジナルカクテル「とき」

 ちなみにカクテルを頼むと、もれなくお通しが付くのですが、お通しがお新香になっていて、店員さんは運ぶときに「出発、お新香~♪」とノリノリで言ってくれるのです。それがまた面白かった!

次のページ 
仕掛けの面白さに男女が盛り上がる

1
2




あなたにおすすめ