Lifestyle

「ホノルル空港」はもうないって知ってた?意外と知らないハワイのあれこれ

 日本語が通じる場所が多く、日本人にも昔から人気の旅行先がハワイ。そんなハワイで、知っておくとちょっと便利な最新ニュースをご紹介したいと思います。

 近々ハワイ旅行の予定がある方も、将来行きたいと思っている方も、ぜひ参考にしてみてください。

ホノルル空港の名前が変わった



ダニエル・K・イノウエ国際空港の公式サイトより

ダニエル・K・イノウエ国際空港の公式サイトより http://airports.hawaii.gov/hnl/

 ハワイの空の玄関口はオアフ島にあるホノルル国際空港。毎年、ハワイで正月を過ごす芸能人を、芸能リポーターが待ち構えている、あの空港です。そのホノルル国際空港が今年改名され、もうホノルル国際空港というものは存在しないんです。

 新しくついた名前が「ダニエル・K・イノウエ国際空港」。これは、ハワイに移住してきた日本人を両親に持つ、ダニエル・K・イノウエさんという日系の方にちなんでつけられたものです。ダニエルさんは第二次世界大戦をアメリカ軍の一員として戦い、戦後は政治家となり、アメリカ初の連邦上・下院議員を務め、ハワイの発展に貢献した人です。

 ハワイでは知らない人がいないほど有名で、そんな彼の功績を称え、今年の春からホノルル空港に彼の名前がつきました。ちなみに空港コードはHNLのまま変更はありません。

ワイキキで自転車シェアリングサービスが開始



 日本や世界で、自転車をシェアするサービスが始まっていますが、ついにハワイでも自転車シェアリングサービス「Biki(ビキ)」が6月末より開始しました。自転車を借りたり返却したりできるスポットが、ワイキキ内には20カ所以上、さらに観光スポットでも人気のダウンタウンエリアまで、オアフ島に約100カ所設置され、1,000台の自転車が用意されました。

Bikiさん(@gobikihi)がシェアした投稿


 ワイキキを端から端まで歩くと30分以上かかり、しかも暑い中歩いて移動するのは意外と大変なものです。そんな“歩くには遠いけど、タクシーを使うほどでもない”距離のときに利用するのが便利で、すでにこの自転車に乗っている観光客をよく見かけます。支払いはクレジットカードで、30分あたり$3.5で利用できます。

ハワイ島直行便が増!ハワイ島が今アツい



 かつて日本航空がハワイ島と日本を結ぶ直行便を運航していましたが、2010年に撤退。それ以来、日本からハワイへ行く直行便は、オアフ島のホノルル行きしかなく、ネイバーアイランドと呼ばれる他の島へ行くには、オアフ島を拠点としてそこから飛行機を乗り継いで行くしか方法がありませんでした。

 しかし、日本人のハワイ人気を受けて、2016年12月からハワイアン航空が、羽田―ハワイ島間の直行便を週3便、運航し始めました。そして、2017年9月15日から、日本航空が成田―ハワイ島間の直行便を再び開始しました。こちらは毎日運航で、今後ハワイ島の観光への注目度がさらに上がっていくと予想されています。

 オアフ島も自然があふれる場所ですが、ハワイ島はそれ以上に自然のエネルギーを感じられる島。モデルの長谷川潤が生まれ育ったのも、ハワイ島です。

※長谷川潤のインスタグラムより(写真の撮影場所はオアフ島)

⇒【Instagram】はコチラ https://www.instagram.com/p/BRrcE9igKGF/


 これからはハワイ旅行を考える際、オアフ島だけでなくハワイ島にステイするという選択肢が増えていきそうです。

※ハワイのインスタグラマーによるハワイ島のコハラコーストの写真。

⇒【Instagram】はコチラ https://www.instagram.com/p/BSISqtcFXKr/


 ハワイ旅行のちょっとしたニュースを3つお届けしました。「ハワイに行きたいな」と思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

<TEXT/佐藤まきこ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

佐藤まきこ
女性誌のエディターやファッションビルの広告・プロモーションのプランナー、コピーライターとして長年経験を積み、フリーランスのエディター・ライターへ。ハワイ在住。Instagram:@hawaii_milestone




あなたにおすすめ