Entertainment

年収29億円!世界一稼いだ女優エマ・ストーン「女性はギャラが安い」と苦言も

 エマ・ストーン(28)が、フォーブス誌の発表するランキングで“世界で最も稼いだ女優”に選ばれた。

 2016年公開のミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』でヒロインを演じたエマは、過去1年間で2600万ドル(約28億6000万円)の収入を上げたとして、前年トップのジェニファー・ローレンスを抑えて1位に輝いた。


 2位には、2550万ドル(約28億円)という僅差でジェニファー・アニストンがつけており、今年度は3位にとどまったジェニファー・ローレンスが2400万ドル(約26億円)と続いた。

 そして4位にメリッサ・マッカーシー、5位にミラ・クニス、6位にはエマ・ワトソンがランクインしている。

 本年度の合計収入で2000万ドルの大台に乗った女優は、昨年度の4人から1人減となる3人にとどまっている。

ハリウッドでの男女の賃金格差に苦言を呈していたエマ



エマ・ストーン

世界で最も稼いだ女優に選ばれたエマ・ストーン

 今回の番付発表の前にエマは、ハリウッドにおける男女の賃金格差について苦言を呈していたところだった。

 その際エマは、いつか自分の発言が女性に対する性差別の撲滅につながることを望んでいるとしてこう語っていた。

「私たちの意見には大きな力があるのだから、それを口にする必要があるわ。私は昔、それに苦戦していたけど、今は政治的にも意識的にもショックを受けずにはいられない状況にある」

「愛や人間らしさ、平等。これらのために誰もが戦いを経験し、そして団結する。人々がそれらに向かって進む姿、美しい文書、創造性豊かな作品を見るのはとても勇気づけられる」

「失うものを多く持つ、たくさんの人達から生み出される力や優しさはとてつもないもの。人間の精神は素晴らしいものだわ」

「平等とは毎日戦う意義があるもの。だから私はより良い戦い方を学びたいわ」

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ