「アンチエイジングなんてヤメた!」と米女性誌が宣言。72歳女優にみる美しさとは?

 先日も当サイトで「アラフィフと聞いて驚く芸能人」ランキングという記事がありましたが、とにかく若作りでキラキラした人がもてはやされるご時世です。

 芸能ニュースでは、石田ゆり子(47)がインスタを更新してはカワイイと絶賛されたとか、健康食品や化粧品のCMでも“この〇〇さん、何歳に見えます?”といったフリから、実年齢が明かされて驚くパターンが多いですよね。


「アンチエイジングはもう終わり」と米女性誌が宣言



 もちろん食事、運動、美容に気を使い、ハリやツヤをキープするのは素晴らしいことです。でも、それだって永遠に続くわけではありません。そもそも「アンチエイジング」という言葉自体に、自然の流れに対して無理な抵抗をしているような感じがしないでしょうか?

 人間、年も取れば、シワやシミも増える。そうだとしても、カッコよく、凛(りん)とした美しさを身に付ける道があるのではないか――。

 近年、欧米では「アンチエイジング」に代わる、新たなムーブメントが起き始めているらしいのです。先陣を切ったのが、フランスの化粧品メーカー、ロレアル。2014年に、当時69歳のヘレン・ミレン(イギリスの大女優、現在72歳)をイメージキャラクターに起用し、世間をあっと言わせました。



 それと同時に新たに打ち出したのが、「Perfect Age」というコンセプト。加齢を覆い隠し、若さを作り出すのではなく、その時点での自分を最大限に活かすことで、美しさを際立たせるという意味なんだそうです。

 そしてアメリカの女性誌『Allure』は最新号(2017年8月発売)で「アンチエイジングの終わり」というタイトルの特集を組み、表紙にはまたもやヘレン・ミレンが登場していて、ロングインタビューも掲載されていました。

Allure こうした“脱アンチエイジング”のトレンドをイギリス・ガーディアン紙電子版の記事「Is it time to ditch the term ‘anti-aging’?」が論じていました。記事では‘Slow Age’とロゴの入った化粧品の写真の下に「アンチエイジングを遠回しに言っただけ?」なんてイジワルなツッコミもありましたが、おおむねこの流れを歓迎しているトーンでしょうか。

年齢を超越したヘレン・ミレンの言葉



 しかし、当然ですが、加齢に抵抗しなくてもいいということは、普段から何も努力しなくてもいいというわけではないですよね。では、その時々の年齢を受け入れつつ、そのままの自分で凛としているには、一体どうしたらいいのでしょう?

ヘレン・ミレン

ヘレン・ミレン、2016年(C)Starstock

 論より証拠。『Allure』誌のヘレン・ミレンのインタビューにヒントがあったので、彼女の言葉をいくつか紹介しましょう。

次ページ美しさは、ふとした仕草や言葉にあらわれる

小泉今日子
小泉今日子の「アンチエイジング大嫌い」を…
山辺容疑者(交際相手のフェイスブックより)1
62歳・女サギ師“異常な若作り”を、高須…
SWITCH
小泉今日子、50歳。ブレない強さはどこか…
彼と心もカラダもトロけるほど深くつながりたい
気持ち良すぎてぐったり…中イキ&外イキで…
♂&♀
sponsored
将来が不安!!
貯金って将来いくら必要?男より頼れる「お…
sekuhara
女性→男性のセクハラにも要注意「酔った女…
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse