15着借りて月3900円…ファッションレンタルの良い点・ダメな点【体験レビュー】

 こんにちは。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢です。

 数ヶ月前からファッションレンタルサービスを試用しています。実際の使い勝手と共に、その他のサービスとの違いについて整理してみたいと思います。

レディス、メンズ、キッズ含め15着で月3900円~



 2015年頃から注目を集めているファッションレンタルサービス。私もここ数ヶ月ほど、遅ればせながら実際に利用してみています。

クローゼット

写真はイメージです

 利用のきっかけとなったのは、サービスの1つであるアプリ「SUSTINA」(サスティナ)が、メンズ・キッズの取り扱いを東京・福岡先行で7月末からスタートしたこと(一般展開は秋を予定)。SUSTINAには”クローゼットレンタル”があり、私は15着を借りっぱなしにできる月額3900円のプランを試しています。

 夫と私で着てみたい15着を選び、それを借り続けている間は月額3900円を支払います。月に1着、無料交換ができるため、他の服を着てみたい場合、少なくとも毎月1着は交換ができます。それ以上交換したい場合は1アイテム550円で交換できます。

 月々3900円で15着を確保し、月1着は新しいアイテムを投入でき、それ以上の新アイテムは1つ550円で利用できることになります。

最初の15着

最初に借りた15着。初回だけはサイズ違いなどを枚数問わず交換できる

 通常のファッションレンタルサービスは、月額料金を支払い“借り放題”というプランが多いです。例えば3アイテムを借りて、返すとまた新たな3アイテムを借りられる形式です。返すサイクルが速ければたくさん借りられますが、返して次のアイテムが届くまでは空白期間が発生します。

 SUSTINAのクローゼットレンタルプランはそうした点では珍しい形態といえます(SUSTINAにも借り放題である“ファッションレンタル”プランもあります)。

中古だし、高級ラインでもない…



 SUSTINAの場合、借りられるアイテムは基本的には中古です。また選ぶことができるアイテムにはファストファッションも含まれていて、高級ラインの洋服とはいえません。

 そのため、いっそのこと新品を買っても良いのではないか、という気持ちにもなりますが、同じデザインのものを何度も着たくないシーンがある場合や、物を増やさない生活を目指したい場合には効果がありそうです。ダイエット中など、今のサイズで洋服を買いたくないタイミングなどでも使えるかもしれません。

新たに手に入れたアイテム

2ヶ月分の無料回数を使って新たに手に入れたアイテム。当初15着のうち、着なくなった2着を返して受け取る

 私の場合は毎月インターネット番組「スズキ presents ニコニコ生活講座」に出演しているため、番組のために1度だけ着たいようなデザインの服を手配するのにも使えるのではないかと考えています(先月は借りた服で出演しました)。

 また、着回しのきく15着が手元にあれば、基本的にはその中でコーディネートを考え、どうしても飽きたら交換という使い方もできます。この方法なら、無制限に服が増え続け自宅のクローゼットを圧迫することを抑える効果もあります。

次ページ「メチャカリ」「エアクローゼット」の特徴は

■お知らせ
(出演)スズキ presents ニコニコ生活講座 season3 #6
行楽シーズンお得情報 ~ 旅費を浮かせるマル秘テク
2017/9/14(木) 21:00~
http://live.nicovideo.jp/watch/lv303032473
LED啓発動画
LED電球にすると電気代はいくらトク?東…
LINEカード2
LINEでもっと得しよう! LINE P…
貯金
ザセツしない貯金目標って手取りの何%?フ…
彼と心もカラダもトロけるほど深くつながりたい
気持ち良すぎてぐったり…中イキ&外イキで…
♂&♀
sponsored
将来が不安!!
貯金って将来いくら必要?男より頼れる「お…
sekuhara
女性→男性のセクハラにも要注意「酔った女…

◆風呂内亜矢

ファイナンシャルプランナー。CFP認定者、宅地建物取引士。1978年生まれ。岡山出身。IT企業に勤めていた26歳のとき、貯金80万円で自宅用としてマンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と貯金を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。著書に『その節約はキケンです~お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか~』(祥伝社)等がある。
公式サイト:http://www.furouchi.com/
公式ツイッター:@furouchiaya

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse