Gourmet

話題のチーズ「ブッラータ」を模した豆腐を食べたら…絶句した

 マスカルポーネ風はアリだけど、次は……?

相模屋 モッツァレラのようなナチュラルとうふ ブラータ仕立て 盛り付け(大皿1) チーズやチョコレートのおいしさを、ヘルシーな「豆腐」で味わえる「相模屋 ナチュラルとうふシリーズ」。最近では抹茶味やかぼちゃ味などバリエーションも増え、ますます人気が拡大しているようです。そしてその流れで登場したのが、「モッツァレラのようなナチュラルとうふ ブラータ仕立て」。

相模屋 モッツァレラのようなナチュラルとうふ ブラータ仕立て パッケージ(外装)「ブラータ」ってなんだ??? 豆腐がモッツァレラ??? 先行発売中の「マスカルポーネのような…」がおいしいだけに、食感や味が気になります。

 そこで今回はその味にクローズアップ! 一体どんな豆腐だったのかを実食レポートをお届けします。

「ブラータ」は、今年大注目の個性派チーズだった!



 そもそも「ブラータ」とは、一般的には、「ブッラータ(Burrata)」と呼ばれるチーズで、ここ最近グルメ通を中心に話題となっている注目食材。原産はイタリア・プーリア州ですが、最近ではメイドインジャパンの商品も出回るようになっています。

ブッラータ(Burrata) チーズの形状は、白い巾着状をしていて、袋はもっちもちのモッツァレラチーズのようになっています。中身を切り開くと、濃厚なクリームがドロリと出現。フレッシュな生チーズ感がたまりません!

ブッラータ(Burrata)中身 味としては、フレッシュチーズらしいさわやかな酸味と、バターや生クリームが持つ甘さが特徴。パンにつけたり、トマトソース系のパスタにからめて食べると魅力が引き立ちます。ではこのチーズをイメージした「豆腐」の話に戻りましょう。

「ブラータ風豆腐」は、ホンモノとは全く別物だった!



 紙パッケージを開くと密閉容器が現れます。

相模屋 モッツァレラのようなナチュラルとうふ ブラータ仕立て パッケージ(内装) 水が飛び出さぬよう、ゆっくりフィルムをはがします。和紙のような紙にまーるい豆腐がふんわり包まれています。

相模屋 モッツァレラのようなナチュラルとうふ ブラータ仕立て 中身 いまにも崩れそう・・・・。どうにかがんばって、慎重に盛り付けてみました。

相模屋 モッツァレラのようなナチュラルとうふ ブラータ仕立て 盛り付け(大皿2) 見た目としては、柔らかい豆腐が、「半透明のゼリー」のようなものに包まれています。パッケージを見ると、この構造がおいしさの秘密らしく、「中身=モッツァレラのよなナチュラルとうふ、外側=豆乳で作ったうす皮」の2層構造になっています。それでは、スプーンですくっていただきます!

次のページ 
一口食べて…絶句した!

1
2
あなたにおすすめ