Gourmet

話題のチーズ「ブッラータ」を模した豆腐を食べたら…絶句した

相模屋 モッツァレラのようなナチュラルとうふ ブラータ仕立て 盛り付け(小皿) 一口食べて、絶句・・・。この外皮のドロリン感はなんなんだ!? くずのような? かたくりのような? もったりとした食感が強烈すぎて、中の豆腐を細やかに味わうことができず! 気を取り直し、食感や味を確かめようとしましたが、商品が掲げている「もっちもち、のび~る、とろける食感」は理解に苦しんでしまう始末。リカバリーしようとして、醤油やオリーブオイルをかけてみましたが、状況は好転しませんでした。  もしかしたら、おいしい豆腐に求められるのは、「濃厚さ」や「クリーミーさ」であり、本来持っていない不思議系の食感は歓迎されない要素なのかもしれません。個人の好みもありますから、気になる方は是非自分の舌でお試しを! <TEXT,PHOTO/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【スギ アカツキ】 長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、独自で長寿食・健康食を研究し、各メディアで活躍中。Twitterは@akatsukinohana
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ