Gourmet

料理ベタこそカルディへ!タイ料理が誰でもできちゃう神ペースト

 ご存じのとおり、「KALDI」(カルディ)は、世界中から集めた珍しい食材や調味料などが並ぶ、路地裏のマルシェといった雰囲気のお店。ちょっと見、おしゃれ指数はだいぶ高めに見えます。

 これに臆してなのか、予算と時間と気合の入ったときに訪れる人が多いように思うのですが、実はまったく反対の用事をすませられます。予算も時間もなく気分もあまりのらないなあ、というときにこそカルディです。

トムヤムクン

トムヤムクン(イメージ)

 並んでいる食材、調味料はほとんどが特急券もので、実に手早く調理できます。

 今回は、フードクリエイターであるわたくし・畑井貴晶が感心した、カルディのタイ料理用食材を挙げてみましょう。

カルディは、料理下手にとって魔法の国



 およそ日本の家庭料理の工程でいうと、ルウで作るカレーより簡単かどうかがひとつの基準だと思います。肉と野菜を炒めて、煮て、ルウを溶かして終わり、これよりも手間が少ないかどうか。

 レトルトのように温めてぶっかけて終わりというのを仮に調理難易度1として、ルウのカレーを調理難易度4とすると、カルディ食材はほとんどが2、3に収まります。肉や野菜をソースで煮て終わり、あるいは炒めて調味して終わり、のどちらか。

グリーンカレー

グリーンカレー(イメージ)

 パックの量も使い切りサイズが用意されているものが多く、4人家族で一回分、おひとり様でも、残りを冷蔵か冷凍してもう一食くらいで食べ切れます。値段としては、日本のメーカーのカレールウと同じくらいのお値段。けっこう安いと感じます。

 そしてお味はといえば、「作り方」に書いてある通りに作って、タイ風居酒屋とかタイ風屋台と同じレベルのものができます。ここに書いたような、ちょっとひと工夫をすれば、タイ料理専門店とそんなに変わらない料理が仕上がります。

 では、料理する工程の少ないものから紹介します。(価格はすべて税込、写真はカルディ・オンラインショップより)

Roi Thaiのカレースープシリーズは、驚くべき簡単さ



●Roi Thai ロイタイ グリーンカレー 250ml(198円)

Roi Thai ロイタイ グリーンカレー 250ml(198円) レッドカレー、グリーンカレー、イエローカレー、マッサマンカレーと4種あって、どれもこのソースを煮立たせたところへ肉か魚貝を入れ、野菜を入れて火が通ったら完成。驚くべき簡単さ。具材を炒めてから煮たほうがコクは出ますが、いきなり煮るだけでもじゅうぶんに美味しくできます。

 ちょっと塩気が強いと感じる方は、水で薄めず、ココナッツ缶でのばすといい感じになります。

 甘いタイプのタイカレーがお好みの方は、ココナッツシロップを常備しておくとよいですね。

●チャオコー ココナッツミルク 缶 400ml(198円)

チャオコー ココナッツミルク 缶 400ml(198円)●モナン シロップ ココナッツ 250ml(650円)

モナン シロップ ココナッツ 250ml(650円)

一手間で専門店みたいに!MAE PLOYカレーペースト



 同じカレーですが、最初にペーストを炒めてココナッツミルクを入れて煮る、というひと手間があるのがこちらMAE PLOY。

●メープロイ タイカレーペースト(レッドカレー) 50g(152円)

メープロイ タイカレーペースト(レッドカレー) 50g(152円) レッド、グリーン、イエローとありますが、グリーンカレーは驚異的な美味しさ。具材はエビでも鶏肉でもよく、野菜は筍やパプリカなどが定番。

 ここにココナッツシロップ、牛乳、ナンプラー、ライムリーフなどを入れると本当に専門店の味が出ます。手品の種明かしを見せてもらったような気分になります。

次のページ 
このペーストでタイ料理3品がすぐに完成

1
2
あなたにおすすめ