Lifestyle

ママ友にSNSで粘着されて…ほとんどストーカー!?

“粘着”という言葉は、一般的な意味は「ねばりけのあるものが他の物にぴったりくっつくこと。」(大辞林第2版より)です。

 ネット上では、元の意味から転じて、延々と特定の個人に張り付いて書き込みするのを差す場合が多いようですね。

ママ友とSNS あなたは、ネット上で“粘着”されたことがあるでしょうか? ネット上だけではなく、実生活での知り合いに粘着されると、またストレスも大きいようで…。経験者の話を聞いてみました。

ママ友ランチ会を嘘の理由で欠席したらSNSからバレた



 SNSのせいで粘着質なママ友に絡(から)まれまくるハメになってしまったという山寺裕美さん(仮名・36歳・アパレル)。

「Facebookやインスタはどちらかというと友人や仕事仲間に向けて投稿しているので、ママ友にはあえてアカウントを持っていることを伝えずにいたんです。でも、ひそかにチェックされていたみたいで……」

 ことの発端は山寺さんのドタキャン。同僚宅でのホームパーティーを優先し、前日夜になって「子どもが発熱した」と嘘をついてママ友たちとのランチ会を断ってしまったところ……。

ママ友「休み明け、保育園でママ友たちに『熱はすぐ下がったの』などと嘘の尻拭いをしていたら、あとからやってきた仲間のひとりのAさんが『Facebook見たけど裕美さんあの日パーティー行ってたよね。お熱あるのに大丈夫だったの!?』と言ってきたんです。

 私はもう、嘘がばれてしまうことへの焦りと、Aさんが私のFacebookを見ていたことへの驚きでちょっとしたパニック。しどろもどろになりながらも、『熱が下がって元気そうだったから夕方から少しお邪魔したの』と言い訳し、なんとかその場を収めました」

Facebookもインスタもチェックされるハメに



 しかし気になるのは、なぜAさんが自分のFacebookを見ていたのかということ。

「さりげなく『友達申請してたっけ~?』と聞いてみると、『ちょうど“知り合いかも?”に出てきたから』と。

 でも、Facebook上に共通の知人はいないし、普段はLINEのやり取りのみで電話番号も交換していないし、“知り合いかも?”に出る要素が見当たらないんですよね。『本当は検索してチェックしていたのでは?』と心がザワつきました」

SNSチェック とはいえ、これはもう正式に友達申請するしかない状況。流れでFacebookのみならずインスタでもフォローし合うことになり、投稿を漏らさずチェックされるようになってしまったのだとか。

「Aさんは家業の経理を担当しているというものの、実質はかなりヒマみたいなんですよね。私が何かを投稿するたびに『あのお店どこ?』『あの施設どこ?』『あの子供服どこで買ったの?』といちいち聞いてきて、もううんざり。

 休日に近場から投稿すると、かなりの確率で『そこ○○公園だよね? ウチもこれから行こうかな』などとコメントされてしまうので、家族水入らずで過ごしたいときはリアルタイムでの投稿をやめました」

次のページ 
仕事仲間とのやり取りにも入ってくる!

1
2
あなたにおすすめ