Lifestyle

新郎役までヤラセ!結婚式の「代理出席サービス」オドロキの実情

Q6:これまで特にインパクトのあった依頼は?

A. 親から「早く結婚して」とせがまれて、新郎から新郎側の関係者もすべて代理をしてほしいと依頼されたことがありました。まったくの見せかけの結婚式ですよね。 新郎から新郎側の関係者もすべて代理というケースも また、キレイな女友だちがいると思われたい新婦さんが、本当の友人は呼ばず、代行依頼を利用したことがありました。このときは、モデルをしている、見た目のキレイな代行スタッフを用意しました。  さらに、両親、友人、会社関係者など新郎側の出席者全員をまとめて代行依頼されたこともあります。総勢50名を用意して、受付、余興、主賓スピーチ、乾杯スピーチも行い、2次会、3次会まで出席しました。 ===  友人役の一人や二人ならまだしも、両親や新郎の役までも代理の人にするというのは、なんともはや……。見栄を張りすぎるのも問題ですが、そうせざるを得ない事情を抱える人がいる日本社会は、相当に窮屈なものになってしまっている気がしてなりません。 <TEXT/佐藤まきこ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
佐藤まきこ
女性誌のエディターやファッションビルの広告・プロモーションのプランナー、コピーライターとして長年経験を積み、フリーランスのエディター・ライターへ。ハワイ在住。Instagram:@hawaii_milestone
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ