Lifestyle

マツコっぽいキャラを期待されても…ゲイが語る、おねえブームの功罪

「おねえと友だちになりたい♪」という無神経な人も

 ケイさんと同じような思いを抱きながら、環境を逆手にとったアキラさん(仮名/30代)も、彼なりの悩みを感じています。  友人を介して集まるパーティや仕事の付き合いなどで、ケイさん同様、やはり「おねえキャラを期待されていると感じる」と言うアキラさん。ただ、「ぼくはゲイですが、女性的なキャラではありません。でも、必要な場では世間が求めるおねえキャラを演じています」と、周囲の期待に応える努力をしているそう。 「普段はおねえ言葉なんて使わないし、厳しいことを言ったり、自分の意見を主張したりすることもありません。でも、演じて酒の席が楽しくなるならと思い、おねえタレントを研究して会話や仕草をマスターしました」  その甲斐あってか、多くの酒の席に顔を出す日々を送っていますが、不愉快な思いをすることも。 「よくあるのが、『友だちになりたい』という初対面の女性。友だちって、『なろう』ってなるものじゃないですよね? それに、ただおねえというだけで友だちになりたいなんて、自分のステイタスのためだけで、こちら側の気持ちを汲んでいない証拠。  そんな人は、男女限らずお断りです。逆の立場で考えてみれば、わかることだと思うのですが……」  本来の自分を偽っているつらさだけならず、パーソナルを無視した発言に心を痛めることも少なくないそうです。
ゲイパレード オタワ

2017年8月にカナダのオタワで行われたゲイ・プライド・パレードには、ジャスティン・トルドー首相も参加

 おふたりから共通して聞かれたのは、「おねえキャラのひとり歩きで、ゲイがありのまま受け入れられている感覚は薄い」というもの。  価値観や性格の違いは、すべての人にあるもの。「女性だから」「男性だから」といった“こうあるべき”が薄れているように、「おねえだから」「LGBTだから」といった偏見を持たず、一個人として受け入れ合う気持ちが、本当の理解につながるのかもしれません。 <TEXT/千葉こころ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
千葉こころ
ビールと映画とMr.Childrenをこよなく愛し、何事も楽しむことをモットーに徒然滑走中。恋愛や不倫に関する取材ではいつしか真剣相談になっていることも多い、人生経験だけは豊富なアラフォーフリーライター。
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ