Entertainment
News

ドラマ『glee』パック役が児童ポルノ所持、最高7年の禁固刑に

 アメリカの大ヒット青春ドラマ『glee/グリー』などで知られるマーク・サリング(35)が児童ポルノ所持容疑を認めた。  2009年から2015年まで放送された同ドラマでパック役を演じていたマークには、ポルノ被害者1人につき5万ドル(約560万円)の賠償金および4年から7年の禁固刑が予想されている。
マーク・サリング

マーク・サリング

 マークは2015年12月、児童が虐待されている写真を所持しているとの通報により初めて逮捕された。そしてその後行われた警察の捜索で、マークのパソコンから何千枚もの不適切な画像が発見されていた。  それを受け、昨年5月には児童が性的虐待を受けている画像の受け取り、所持の罪により起訴され、最高20年間の禁固刑を受ける可能性に直面していた。しかし今回容疑を認め、カリフォルニア州地区検事と司法取引したことで、最高7年の刑期に留まるに至った。  今回の取引条件においては、20年間の保護観察処分と、18歳未満に対する接触の制限も科されたとTMZは報じている。  当初は容疑を否認していたマークだが、児童ポルノ所持容疑をかけられたことで、スーパーヒーローもののテレビシリーズ『ゴッズ・アンド・シークレッツ』の出演シーンをカットされるなど、業界内でも影響が出始めている。  同シリーズのアディ・シャンカル監督は当時こう語っていた。 「マークのシーンはシリーズからカットされました。シリーズの取り直しは私が自腹で行う予定です。マークの心に平穏が訪れることを祈っています」 「このシリーズの売り上げの一部は虐待児童の保護団体に寄付されます」  マークは2013年にも元恋人に性的暴行で訴えられ、270万ドル(約3億円超)の支払い命令が出された。
<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ