Beauty

美ボディ作り、どうしてる?スリム美人に聞いたスキマ時間の使い方

 秋ですね。体の脂肪を落とさないと、厚着ファッションが楽しめませんよね。

 とはいえ、もはや大々的なダイエットをするガッツはない…。そんな思いを抱えていたある日、スリム美女と町ブラしていたら、彼女が一切エスカレーターに乗らないことに気がついたのです。

 なんでも「外ではエスカレーターは使わず、必ず階段を使うし、電車でも座らない」との話。「これだ!」と思いました。

 つまり、スリム美女って普段から美ボディになる行動を取っているからスリムだったのです。そこで、今回は周囲のスリム美女たちから聞き出した「スリム作り」習慣の中でも、スキマ時間にラクにできそうな3つをご紹介いたします。

美ボディ

歯磨きタイムに「つま先立ち」



 まずは43歳Aさんの習慣から。Aさんは細いのに滅茶苦茶食べるので、「何をしているの?」とよく聞かれるそうですが、「特に何もしていない」とか。しかしきっと秘密はあるはずと、しつこく暮らしぶりを聞いてみたところ、「朝、歯磨きをするときに『つま先立ち』をしているわね」。聞けば、「つま先立ち」は10代から続けているのでもはや無意識で行っているとか。

「つま先立ち」と言えば、ボディメイク界では必ず名前が上がる効果の高いエクササイズ。つま先で立つことにより、ふくらはぎの筋肉が使われ、代謝が上がり、冷え性も改善、美脚になることも期待される人気エクササイズです。

 単に立つだけでもいいですし、かかとの上げ下げをついでに行えば、カロリー消費もUPします。ただし、「エクササイズとして行う」と思うと、ついし忘れてしまうのが常。それだけに「歯磨きタイムに行う」と習慣化するAさんの方法はナイスアイデアと言えましょう。

信号待ちは「かかと上げ下げ運動」



「つま先立ち」のバージョンアップ版「かかと上げ下げ運動」をそもそも生活に取り入れているのは、Bさん(34歳)。

 Bさんは、ボリューミィーな体型でセクシーなイメージなのですが、足元がきゅっと引き締まっていて美脚が魅力なのです。Bさんにも習慣を聞いてみたところ、「しいて言うなら、信号待ちの時は必ずかかとの上げ下げをしています」。

「かかと上げ下げ運動」は、美脚づくりが期待でいるだけでなく、女子SPA!読者世代には血管年齢を若返らせる効果も期待できそう。女性は男性に比べ、筋肉が少ないので、全身に血液を行き渡らせづらい面があるのですね。

 ゆえに年齢を重ねると、足の血管がデコボコする「静脈瘤(りゅう)」などもできやすいのですが、「かかと上げ下げ運動」はその予防にもなるのです。これまた「いつ行う」と決めると、行わなくなる恐れがあるので、Bさんのように「信号待ちのとき」などに取り入れるのがよさそうです。

次のページ 
最後のひとつは…?

1
2
あなたにおすすめ