Entertainment

どの武将が一番人気?オーダーメイドもできる戦国武将グッズがアツイ!

 大好きな武将(ひと)といつも一緒にいたい――。

戦国武将グッズ 戦国時代に思いを馳せる歴女なら誰しもそう思うもの。…いや、そこまで思わなくても、いつも目に入るところにゆかりの品があればちょっとテンションが上がりますよね。

 オンラインショップのファンクリ『戦国武将グッズ専門店』ならきっとイイ品見つかりますよ!

直虎も直政も。人気の武将をデザイン



 サイトを訪ねると徳川家康、伊達政宗、上杉謙信、直江兼続などなど人気武将がズラリと並びます。

 そのなかには、今年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』で話題の武将たちも。井伊直虎は井伊家の家紋・橘紋と尼僧のシルエットがステキです。“井伊の赤鬼”の異名を誇った井伊直政は才気みなぎる鮮やかな赤。

直虎・真田信繁マウスパッド いずれの武将も売れているようですが、あえて言えば…。

「真田幸村(真田信繁)や織田信長あたりが特に人気があるかもしれません」

と、社長の十文字真輝氏。『真田丸』人気は今も続いているみたい。冷徹ブルーの信長様も強し。

『戦国武将グッズ専門店』
今すぐ知りたい☆


武将たちの選べるカラバリ



 スマホケースやiQOSスキンシール、マウスパッドなどのグッズは、「シルエット」「白」「黒」などカラバリが豊富なのもよいです。

缶バッジ

デスクに飾れば私も「天下布武」の信長気分!

 特にカラフルな「モノグラム」がかわいい! 家紋と花のような模様(もしくは手裏剣?)を組み合わせているんですね。

 こういうパッと見だと何かわからないけれど、実は好きな武将に関わるものが隠れてるっていい。それで、わかる人にだけわかる、「これ橘紋じゃね?」って指摘してもらえる。これがたまらないんですよね~。

缶バッチ【石田三成】【モノグラム】

真田丸クラスタにとっては「治部どの」でおなじみ石田三成。缶バッチ【石田三成】【モノグラム】¥270~(税込み)

「そうですね。でも、うちの一番の売りは自分でデザインできることなんです。パソコンはもちろんスマホからでも、いつでもどこでも簡単に作ってもらえます」(十文字氏)。

戦国時代をオーダーメイド!



 なるほど。「ウェブデコシリーズ」は背景色を選んで文字とスタンプを入れるだけ。写真も入れることができます。簡単なのもさることながら、やってみると、これがとっても楽しいんです。

 背景色は「ぐらでーしょん」「和柄」など5つのカテゴリーがあって、それぞれ何十種類ものパターンが用意されています。

「和柄」が人気とのことでしたが、私のオススメは「家紋と合戦図」。「関ヶ原」や「大阪夏の陣」といった絵図は見るだにワクワクします。

 さらに、豊富な種類の「家紋」「旗」「刀剣」のスタンプに大興奮! もう遊びたいほーだいなわけです。

「最近はゲームやミュージカルが流行している『刀剣乱舞』の刀剣男子をデザインする方も多いですね。名前も自由に入れられますから」(十文字氏)。

「ウェブデコシリーズ」

「ウェブデコシリーズ」で好きな言葉でオーダーメイド!

オーダーメイドの
「ウェブデコシリーズ」
詳しく知りたい!


限界を知らぬ戦国武将グッズ



 うーん、戦国時代ポテンシャル高し。デザインされている武将は今のところ21人。十文字氏にお聞きしたところ、新たに人気の武将が出てきたらグッズに加わるかも。

 でも、文字やスタンプをうまく利用すれば刀剣男子のようにほかの人物もデザインできそうです。

 自分で身に付けるもよし、歴史が好きなお友達にプレゼントするもよし。心萌えるグッズでお気に入りの武将をより身近に感じてみては?

『戦国武将グッズ専門店』
お買い物はコチラ


〈TEXT/林らいみ 提供/モード〉
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

林らいみ
フリーライター。大学院で日本近世史を研究した硬派の歴女。舞台・映画・ドラマが好物。観たい舞台があれば万難を排して劇場に馳せ参じ、好き勝手言っている。たま~に歴史系記事を書く。




あなたにおすすめ