♂&♀

「今までは何だったの?」マンネリ中の彼とのセックスが急に気持ちよくなる秘密の方法

 最近、彼の方からセックスに誘ってくれていますか? 彼に求められる 付き合い始めたばかりの頃はあんなに激しく求めてきてくれていたのに、付き合いが長くなるにつれて、セックスはマンネリ気味になり、彼から積極的に誘って来なくなる。  2人の心の距離が縮まることに反比例して、お互いのカラダがセックスに慣れてしまうとは新鮮さが失われていきます。すると行為は惰性になり、快感も半減。さらに、タイミングが合わずイケなかったりすると、不満が溜まり、そのままセックスレスへと繋がってしまう可能性も。  そんなマンネリで飽き気味のセックスを打破するためには、彼に付き合いたての頃のような『本能から求めずにはいられない』状態に、もう1度戻ってもらうことが大切。どうしても「エッチしたい!」と思わせることが重要なのです。  しかし、彼をどうにかして興奮させようとして、その方法を間違ってしまう女性は少なくありません。

男性の本能を呼び起こす方法を 今すぐ知りたい >>>

彼に求められる LCラブコスメが男性を対象に行ったアンケートでは、こんなコメントが寄せられました。 ●「彼女が突然、服を脱いでせまってきて……。あまりに積極的すぎて引いてしまったことがあります。」(31歳・男性・会社員) ●「コスプレとセクシー下着を用意していて、苦笑いしました。引いてしまってかえって勃たず、彼女はかなり怒っている様子でした……。」(岳弥さん/28歳/会社員)  これらは、彼を興奮させようとして間違ったアピールに手を出してしまった女性の悪い例です。男性は、露骨なセクシーアピールをされたり、女性が積極的になり過ぎたりすると、逆に引いてしまうこともあるのです。

男性の本音を もっと見る >>>

 では、いったいどんな方法を使えば、マンネリ気味でセックスに飽きてしまった彼の方から積極的に求めてもらうことができるのでしょうか。  それはずばり、「香り」で嗅覚を刺激するのがポイント。

男性の本能を一瞬で呼び起こすのは「香り」

 実は五感の中で唯一「嗅覚」だけは、脳の本能的な部分と直結しています。  嗅覚からの刺激は、脳の「考える」部分を通らず、「感じる」部分までなんと0.2秒以下で伝わります。つまり、男性にあれこれ考える時間を与えず、一瞬でドキドキを感じさせ、男の本能を自然に呼び起こすことができるのです。 彼と仲良し LCラブコスメが、男性へ香りに関するアンケートを実施したところ、『香りを嗅いで、「したく」なったことはありますか?』という質問に、9割以上の男性が「ある」と答えています。  つまり、彼とのマンネリ関係を乗り越えるためには、彼にあれこれ考えさせず、一瞬でエッチな気持ちにさせる香りで、嗅覚を刺激することが重要なのです。

彼が豹変!男性がしたくなる “秘密の香り”って? >>>

 しかし、香りならなんでも良いわけではありません。男性が好むのは、清楚さと無防備さを想像させるある特別な香り。  実際に、この特別な香りを取り入れるだけで、彼の本能を目覚めさせた女性たちの体験談をご紹介しましょう。 ●彼氏が来る前から「今日は忙しかったからエッチ無理だから」とメールが…。そして来るや否や即布団に入って電気を消して寝ようとする彼氏。「あー、だめだったかー」と思った次の瞬間! 急に彼氏が深いキスをしてきたんです!! いつもより長めの前戯に身体中にキスもいっぱいしてくれて、体だけでなく心もこんなに満たされたエッチは初めてでした。 たぬきちさん(20歳 / 飲食業) 彼に満たされる●「いつもと、匂い違うね…なんか、むらっとくる」って言われて思わず心の中でガッツポーズ! いつもより早くフィニッシュしてしまった彼が、腕枕をして真剣な顔で「もう一回したい、いい?」と聞いて来た時には、もう、泣いてしまいました。 れいさん(22歳 / 社会人)

もっと感じる 体験談はコチラ >>>

 彼女たちが使った特別な香りは、LCラブコスメのベッド専用香水「リビドーロゼ」。 リビドーロゼ シリーズ累計35万個を突破したLCラブコスメの大ヒット商品で、「お風呂上がりのシャンプー」のイメージをベースに、催淫作用があると言われるアロマの「イランイラン」やフェロモンを意識した「オスモフェリン」など、約80種類以上の香り成分を配合。デート前やラブタイム前にひと吹きするだけで、マンネリ気味な彼の「したい」スイッチを自然とオンに導きます!

ベッド専用香水「リビドーロゼ」 詳しくはコチラ >>>

セックスで彼を虜にする感度磨きの方法は

 しかし、せっかく香りで彼の本能を目覚めさせても、女性側が今までと変わらないセックスをしていては、すぐにマンネリに逆戻りしてしまうでしょう。 彼とベッドで だからと言って、特別なテクニックを覚えたとしても、何回かするとその新鮮味は無くなってしまいます。そこで重要なのは、女性の感度。  実は、男性にとって、自分の愛撫や挿入で思い切り感じる女性は、自分に自信を与えてくれて、この上なく愛おしく感じるもの。その感じている姿を見て、一緒に中でイクことができると、「カラダの相性がいい!」と感じ、「好き」という気持ちまで芽生えるようです。  LCラブコスメが行ったオーガズムに関する調査では、男性に「感じやすい女性は好きですか?」と調査したところ、約98%の男性が「好き」と答えています。  彼を欲情させてセックスに誘わせ、マンネリを感じさせずに何回もしたいと思ってもらうのは、実は女性の感度次第。  何度エッチをしたとしても、「付き合い立ての頃より、感度がよくなっている(自分が開発した)」「こんなに乱れてしまうほど気持ちいいエッチは、彼女以外とはできない」そんなふうに思わせれば、絶対に手放したくなくなるはず。  だから、彼の愛撫やアソコで思い切り感じられるように、まずは自分の感度を磨いておく必要があります。  そこでオススメなのは、LCラブコスメのラブグッズ「マリンビーンズ」です。 マリンビーンズマリンビーンズ」は、Gスポットをピンポイントで刺激するとがった形状のヘッドと、クリトリスを挟み込んで快感を逃がさない大きめのクリバイブ、さらにヘッド部分にまで搭載され、奥への振動を直接感じられるモーターが特長。  3ポイント同時の集中ケアで、自分の感じやすい場所や位置、角度などを知ることができ、中の感度磨きにも有効です。  実際に使ってみた女性からは、こんな体験談が届いています。 ●曲がっている角度が絶妙で、深く入れると一番奥の気持ち良いところに当たる上、外側の突起がクリを優しく挟んでくれて、正直クライマックスのような快感でした! もっと欲しくなって深く挿し込んだときに、初めて中で軽くイくことができました! jarwさん(27歳 / フリーター)

「マリンビーンズ」 詳しくはコチラ >>>

マリンビーンズ」で感じるポイントがわかったら、ぜひ試して欲しいのがベッド専用コスメ「ラブコスメ リュイールホット」。彼とベッドに入る前に少量を手に取って1番敏感な部分に塗り、感度アップのマッサージ。ジンジンと熱く、中から自然と潤いが溢れだすような独特の感覚を体感すれば、いっそう感じやすいカラダになれます。 リュイールホットラブコスメ リュイールホット」は、なめらかで美容液のような触り心地で、肌に優しい植物素材を使用。発売から10年以上経った今でも月間3,000個以上も売れ続けているロングラン商品で、使用した女性たちからも、たくさんの喜びの声が届いています。 ●熱く、そして、自分でもわかるくらい一番敏感なところが大きくなって…。子宮もなんだかキュンキュンするし、今まで聞いたことがない、やらしい音もしてきて、リュイールの力を借りてるけれど濡れる事が出来るんだと涙ぐんでしまいました。 hikaruさん(39歳 / 派遣)

「ラブコスメ リュイールホット」 詳しくはコチラ >>>

ベッドタイム ラブグッズに何となく抵抗がある方は、まずは塗るだけで簡単にケアできる「ラブコスメ リュイールホット」から試してみてください。オーガズムだけではなく、性交痛や潤い不足など彼とのセックスにまつわる女性特有のお悩みも優しくケアしてくれます。  彼を飽きさせないカラダになるための感度磨きの必需品ともいえる「マリンビーンズ」と「ラブコスメ リュイールホット」は、セットで買うと400円もお得。さらに、今なら「マリンビーンズ」がスッポリ入る収納ポーチ付き。ラブグッズの保管場所に悩んでいる方でも安心して保管ができます。  最近、彼とのセックスにマンネリを感じているなら、まずは彼とのセックス本番の前にひとりエッチで感度磨きをしておくこと。  そして「今夜こそ!」と心に決めた日に、特別な香りで彼の本能を目覚めさせましょう。  彼の方からセックスに誘ってもらえるばかりか、自分でも驚くほど敏感に感じてしまい、「今までは何だったの?」と思うぐらい、付き合いたての頃のような新鮮な2人の関係に戻ってしまうかもしれません!

「マリンビーンズ」 「ラブコスメ リュイールホット」 詳しくはコチラ >>>

 LCラブコスメは、女性だけで運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。女性ならではのお悩みを解決してくれるアイテムが揃っています。「ラブコスメ」で検索すれば、これまで誰にも相談できずにいたお悩みにもピッタリのラブコスメがきっと見つかるはず。 【関連記事】 ●まるで全身が性感帯!? 一度は彼と味わうべき「未知の快感」とは? <TEXT/もちづき千代子 提供/LCラブコスメ>
もちづき千代子
フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。




あなたにおすすめ