Beauty

私の顔、なんで赤くなっちゃうの?赤みを抑える方法

「え、大丈夫!? 顔赤いよ?「え、大丈夫!? 顔赤いよ?」 特別お酒が弱いわけじゃないのに、なぜか人よりも鼻や頬が赤くなってしまう。また、以下のような症状に悩んでいる女性は少なくありません。 ・ふと気づくと、アゴのあたりが赤くなっている ・ニキビ跡の赤みがなかなか引かない ・肌の赤みがメイクでも隠せない 赤ら顔 これらはいわゆる、“赤ら顔”。原因がはっきりしないこともあり、皮膚科に行っても解決しない場合も。中には「恥ずかしくて人前に出られない……」と生活に支障が出るくらい深刻に悩んでいる人もいます。  でも、コンシーラーを塗ると夕方にはよれちゃうし……これから年末に向けて、クリスマスや忘年会など、イベントシーズンに突入するのにどうすればいいの!? という嘆きの声が聞こえてきそうです。

赤ら顔の原因は「毛細血管」

 赤ら顔で悩む女性たちの多くは、敏感肌用の化粧品を使ったりと、ひと一倍お肌に気をつかっています。でも、なかなか改善しない。その理由は、赤ら顔が皮膚そのものではなく、皮膚の下の毛細血管に原因があるから。 「行列のできる法律相談所」や「スッキリ」など、テレビ番組でもおなじみの「しのぶ皮膚科」(東京都港区)の蘇原しのぶ院長によると、赤ら顔とは「皮膚の下の毛細血管が拡張している状態」とのこと。
蘇原しのぶ院長

蘇原しのぶ院長

 顔には多くの毛細血管がありますが、肌が薄いと洗顔やマッサージなどの刺激でその毛細血管が浮き上がってしまい、炎症を起こしてしまうそう。特に頬やアゴ、鼻は皮膚が薄く、毛細血管が浮きやすい部分です。  蘇原院長は赤ら顔対策について、「まずはスキンケアや食生活、運動、睡眠などを見直しましょう。そしてスキンケア用品を選ぶなら、血液の流れをスムースにする役割のある成分や、炎症を抑える成分が入っているものを選ばれると良いと思います」とアドバイスします。

4つの和漢植物エキスを配合した「赤ら顔専門化粧水」

 そこで今回ご紹介したいのが、毛細血管に直接アプローチする初めての化粧水「白漢 しろ彩」。 白漢 しろ彩白漢 しろ彩」の効果の秘密は、その特別な成分にあります。  まず、地中海から抽出した美容成分「海洋性エキス」と、赤ら顔治療に使われてきた漢方のうち、血行促進や保湿、鎮静などの効能を持つ4つの和漢植物エキス「ショウガ根茎エキス、天草(カンゾウ)、茯苓(ブクリョウ)、川芎(センキュウ)」をたっぷり配合。  抗アクネ効果や美白効果に優れている「高浸透型ビタミンC誘導体」や、保湿成分のセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンも入っているので、毛細血管を優しくケアしながら肌のバリア機能も高めてくれます。もちろん無添加にもこだわっていて、アルコールやパラベン、着色料などすべて不使用。 皮膚改善と保湿の力が圧倒的 さらに、これらの厳選した成分をしっかり行き渡らせるために、世界特許を取得している技術で肌と同じ「ラメラ構造」を採用。肌と同じく100%ラメラ構造でできているから化粧水をぐんぐん吸収し、皮膚改善と保湿の力が圧倒的なんです!

利用者から喜びの声が続々!

 実際に利用した佐々木由紀さん(39歳)は、皮膚が薄く敏感肌で、頬と鼻がいつも赤いのが悩みだったそう。敏感肌用化粧品を使い、レーザー治療をしても効果がなく、諦めていたところに出会ったのが「白漢 しろ彩」でした。 佐々木由紀さん「感動したのはつけた翌日で、日中肌が乾燥しないんです! 肌触りですぐに実感しました。肌の内側から潤ってるって感じで。これならずっと使い続けられるって思いました。 使い始めて10日間くらいで、いつも気になってた鼻まわりの頬が『あれ? なんか赤み減ったかも!?』と感じたんです! 友人にも『肌、キレイになった』って言われて、すごく効果を実感しています! 」(佐々木さん)  ほかにも、効果を実感したという声が続々届いています。 「1カ月くらいで赤みも前より引いてきましたし、肌が乾燥しなくなりました!」(大田さん/34歳) 「アレルギー体質ですが、しみることなく、しっとりした状態がキープできます」(Tさん/47歳) 「肌が明るく、柔らかくなりました。一番感動したのは浸透力! グングン入っていく感じ」(井上さん/28歳)  肌に自信がないと、好きな人の前でも笑顔でいられないですよね。年末のイベントシーズンに備えて、今らケアを始めてみては? 年末のイベントシーズンに備えて、今からケアを始めてみては? お得に始めるなら、通常価格から20%オフ&送料無料の「定期コース」がおすすめですよ♪ <TEXT/女子SPA!編集部 提供/エクラ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ