Entertainment
News

少年を“お姫様抱っこ”…セクハラ告発された名優K・スペイシー、ゲイ告白でさらに炎上

 これまでアカデミー賞を2度受賞している演技派のベテラン俳優ケヴィン・スペイシー(58)が、ゲイであることを告白した。

 今回、ブロードウェイミュージカル『RENT』やドラマ『スタートレック:ディスカバリー』などで知られる俳優アンソニー・ラップが、14歳だった1986年にケヴィンから誘惑されたと名乗り出た。これに対しケヴィンは謝罪し、同時に自身がゲイであるとカミングアウトした。

ケヴィン・スペイシー

ケヴィン・スペイシー

 ことの発端は、アンソニーが、当時26歳だったケヴィンの自宅で開かれたパーティーに参加した際、ケヴィンに抱きかかえられてベッドに連れて行かれ、上に乗られたという経験を明かしたことにあった。

 アンソニーはバズフィード・ニュースに対してこう語っていた。

「僕の記憶では、みんな帰ったし、自分も帰らなきゃと思っていたころのことさ」

「新郎が新婦を抱きかかえるみたいにケヴィンが僕のことを抱きかかえたんだ。僕は『何が起こっているんだ?』って感じで状況が呑み込めていなかったから最初は抵抗しなかった。そしたら彼が上に乗ってきたんだ」

「性的な関係を求められたんだよ」


 その後、なんとかバスルームに逃げ込んだというアンソニーは「彼はゲイなのかもって思って、バスルームのドアを開けて『帰るから』って言ったんだ」と話している。しかし、その後マンションの玄関先までケヴィンが着いてきて「本当に帰るのか?」と尋ねてくるのを振り切ってその場を後にしたと説明している。

SNSで謝罪するも「問題をすり替えてる」と炎上



 これを受け、ケヴィンはツイッターに謝罪文を掲載、その中で自身がゲイとして生きていることも明かした。

「僕はアンソニー・ラップに対して1人の俳優として多大な尊敬と称賛の意を持っています。彼のストーリーを耳にしてこれ以上ないくらいゾッとしています。僕はその話を本当に覚えていないのです。30年以上の前の話ということですから。でももし僕が彼の言うような行動をとっていたのだとしたら、恐らく泥酔状態での不適切極まりない行為と思われるその行動について心からお詫び申し上げます。長年彼にそのような気持ちを持たせ続けてしまったことをとても申し訳なく思います」

「今回のことで自分の人生についても考えさせられました。僕のことに関する話題が取り上げられているのは知っていますし、それは僕がブライベートをあまり明かさないことに原因があることも知っています。僕はこの人生において、女性とも男性とも関係を持ってきましたし、男性を愛したことも恋愛関係になったこともあります。そして今はゲイとして生きることに決めたのです。僕はこのことに正直さと率直さを持って取り組み、自分の行動を見直し始めたいと思っています」

 しかし、このケヴィンの謝罪文とカミングアウトに非難が殺到している。複数の著名人や権利団体などから、「このタイミングで同性愛を告白するのは問題のすり替え」「ゲイであることと、未成年者に迫ることは何ら関係ない」といった声があがっている。

 俳優として数々の功績を積み、2015年にはエリザベス女王から大英帝国勲章を授与されるなど、名声をほしいままにしてきたケヴィン。すでに出演作への影響なども伝えられているが、これを機に、これまで築いてきた輝かしいキャリアの終わりを迎えることになるのだろうか。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ