Beauty

室内「エアーなわ跳び」でダイエット。でもブラジャーには注意して!

 寒さが増してきて、体を動かす機会が減ってきましたよね。これから冬に向けてさらに動かなくなっていくことを思うと、いったいボディはどうなっていくのかと不安になってしまいます。  そんな中、「ある運動で引き締まった」という人に出会ったのですが、その運動とは、縄跳び。そうか、縄跳びってありましたよね。 縄跳び 今回は、縄跳びを行っている人たちに、どう行うのが効果的なのかを聞いてきましたので、ご紹介したいと思います。

縄跳びの「鍛えてる感」で食生活まで変わった

 まず、最初に縄跳びを思い出させてくれたのは38歳の会社員男性なのですが、「接待続きでだらけた体をなんとかしたくて縄跳びを始めたら、2週間で5キロ減った」というのです。  彼は以前、ボクシングをやっていて、鍛えるのが好きということなのですが、2週間で5キロはすごい。どれくらい行うとそんな効果が出るのでしょうか? 「1日20分ほどですが、かなり集中して飛びますね。ボクシングの映像で見るような速いスピードで真剣に飛ぶので、1分飛んだ位から滝のような汗が出てきます。自分はボクシングジムを再開したので、周りにいる人がストイックなのも励みになっているのかもしれません」  彼の場合は、1日目で早くもすっきりしたので食べる内容も意識し始め、その結果、短期間で締まったのかもしれないとのことでした。

運動ギライさんは室内「エアー縄跳び」から

 一方、1日数回、思いついたときにだけ、飛んでいるのはBさん(34歳)です。 「ボクシングのテレビを見ていて、縄跳びは痩せそうだと思ったのですが、ジムに通う気力はないし、外で飛ぶのも恥ずかしい。そこで、家で(縄を使わずに)ジャンプすることにしたのです。それも何分するって決めると続かないと思ったので、夜テレビをつけたら座らないで、最初のCMの時だけ飛んでみることにしたんです」 エアー縄跳び  その結果は、「始めて1週間であご周りがすっきりしてきた気がするので、嬉しくなって続けています。私の場合は、縄跳びというよりは、『エアー縄跳び』のようなものですが、ちょっと飛んだだけで『やった』感があるので、運動嫌いの人にはお勧めかも」  Bさんは、「疲れるから、実際に飛ぶ時間は1日合計でも1~2分程度」ということでしたが、運動嫌いの人ほど、効果が出やすいのかもしれません。
次のページ 
ただし…女性はブラジャーに注意
1
2




あなたにおすすめ