Lifestyle

ココアで便通がよくなる&ニオイが減ると判明!

 便秘に悩む女性は数多く、そんな便通改善にココアが役立つと知っていますか? しかも、便のニオイを軽減させる効果があることも、最新の研究でわかったのです。

ココアに隠された秘密とは ココアに隠された秘密とは一体何なのでしょうか。

毎日ココアを飲むと便通がよくなる



 森永製菓株式会社が、20歳から60歳の健康な男女22人を対象にココアを用いた研究を実施。ココア10gに砂糖を加えたものと、ココアとは識別できないココア風味食品を用意し、2つのグループに分けた被験者にそれぞれ2週間ずつ摂取してもらいました。

ココア

※写真はイメージです

 するとココアを摂取していた被験者の2週間の間の排便回数が、ココア風味食品を摂取したときと比べて、大きく増える結果になったのです。

 ココアによって便通が改善する理由は、ココアには食物繊維が豊富に含まれていることが第一に考えられます。森永製菓では、特にココアに含まれる不溶性食物繊維の一つである「カカオリグニン」という成分に着目。被験者が飲んだココアには、カカオリグニンが1.5g入ったものを用意していました。

ココアで便のニオイも少なくなる



 さらに、本調査では排便時のニオイについても調査。便に含まれるアンモニア量について分析したところ、ココア風味食品を摂取した2週間の間のアンモニア量は若干増えたのに対して、ココアを摂取していた期間についてはアンモニア量が減少したのです。

 便のニオイの減少に関しても、カカオリグニンが大きく関係しているようです。

食物繊維はいつも不足しがち



 女性の悩みとして、いつの時代も便秘が必ず挙げられるのは、食物繊維の慢性的な不足が一つの原因です。厚生労働省が定める食事摂取基準(2015年版)によると、女性の食物繊維の目標摂取量は20gなのに、2014年では平均が14.4gと大幅に不足しています。

 しかも、不溶性食物繊維の摂取量が減少の傾向が大きく、積極的な不溶性食物繊維の摂取が、便秘などの改善には欠かせないのです。

積極的な不溶性食物繊維の摂取が、便秘などの改善には欠かせない 便秘がちの方は、これからココアを飲む週間をつけると、便秘解消につながるかもしれませんね。ただし砂糖やミルクをたっぷり入れると摂取カロリーが高くなりますから、ご注意ください。

【調査概要】
・調査主体:森永製菓株式会社
・調査期間:2週間
・調査対象 :20歳から60歳の健康な男女22人

<TEXT/佐藤まきこ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

あなたにおすすめ