Gourmet

コンビニ美容食の王様「冷凍ブロッコリー」は約150円でスゴすぎる

ラクうま美人ごはん vol.20

 野菜の王様をカンタンに。

冷凍ブロッコリー1 美容・健康のために食べたい野菜は多々ありますが、総合的に優れた“ハイスペック野菜”と言えば、「ブロッコリー」ではないでしょうか。しかし、天候不順によって値段が高い、切って茹でるのが面倒、といった不便さも感じてしまうのも正直なところ。

 いやいや、そんなことはありません! いまやコンビニでも150円前後で購入できてしまう「冷凍ブロッコリー」が超便利だってご存知でしょうか?

冷凍ブロッコリー2 そこで今回は、美容野菜の王様ブロッコリーの魅力と、冷凍ブロッコリーのカンタン活用法についてご紹介してみたいと思います。

むくみ・便秘対策、美肌、アンチエイジング…ものすごいパワー



冷凍ブロッコリー3

冷凍ブロッコリー

 そもそもブロッコリーには、先にも断言した通り、美容や健康に好都合な栄養素がたっぷり含まれています。便秘対策として有用な「食物繊維」、美肌作りに欠かせない「ビタミンC」、アンチエイジングや癌対策になる「抗酸化成分」など・・・書ききれないほど多くの魅力を持った野菜ですが、特筆すべきは「スルフォラファン」。

スルフォラファンとは?
アブラナ科に特化した成分で、特にブロッコリーに多く含まれる(熱で壊れにくい)。すぐれた解毒作用や抗酸化作用は美容・健康面での効果が期待されており、各分野における研究が進んでいます。
⇒アンチエイジング、抗ピロリ菌作用、発ガンリスクの低下など
スルフォラファン・ラボ

 しかも今回の主役である冷凍ブロッコリーは、カット⇒固ゆでの状態で冷凍されているため、下準備のわずらわしさは一切なし。冷凍技術の進化によって、仕上げに加えるだけで茹でたてのようなおいしさを味わえます。

 それでは次に、おいしい活用法の紹介に移りましょう。

次のページ 
レンチン&入れるだけ、冷凍ブロッコリーの活用術4つ

1
2
あなたにおすすめ