Gourmet

ごはんが美味しい「ふりかけ」10選。かけるだけで美人度アップ

ラクうま美人ごはん vol.19】  世界一ラクチンな美容食。 ふりかけ ごはんの友と言えば、「ふりかけ」。お弁当やおうちごはんの際に活躍するアイテムですが、実は、ごはんをおいしく食べる武器としてだけでなく、「頼もしい美容食」にもなるんです。最近のふりかけは、人工的なものを限りなく使わない「無添加」が主流で、美容食材をたっぷり使った「健康ふりかけ」が人気になっています。  そこで今回は、「キレイになるふりかけ選びの4つのコツ」をご紹介。選ぶ上でのポイントについて考えてみたいと思います。

【コツ1】女性を救う!不足ビッグ3を補うべし

⇒のり、ひじき、わかめ、魚介類、雑穀  実は女性が不足しがちな「鉄分」、「カルシウム」、「食物繊維」は、ふりかけの材料としてよくつかわれる食材に豊富に含まれます。中でも秀逸なのが、「のり」。これら3つを豊富に含むため、毎日知らず知らずのうちに食べられたら最高。ですから基本は、「のりたっぷり」を意識して選びましょう。その他、鉄分を強化するなら「ひじき」、カルシウム目的なら、「いわし」や「しらす」などの魚系がオススメ。食物繊維は海藻類からも期待ができますが、不溶性食物繊維のことを考えれば、「雑穀入りタイプ」が有効です。 おかず海苔ふりかけ(日本海水)・おかず海苔ふりかけ(日本海水) 無添加ひじきふりかけ(浜乙女)・無添加ひじきふりかけ(浜乙女) 徳用ふりかけいわし(浜乙女)・徳用ふりかけいわし(浜乙女) 雑穀たまごふりかけ(ベストアメニティ)・雑穀たまごふりかけ(ベストアメニティ)

【コツ2】「菌入り」で便秘解消&美肌を目指す!

⇒乳酸菌、納豆菌  ヨーグルトや納豆が良いことはわかっていても、毎日食べ続けるって意外と大変なもの。そんなリカバリー対策として、「乳酸菌入りタイプ」や「ドライ納豆」入りがオススメです。  もちろん乳酸菌は死菌ですが、腸内の善玉菌を増やすためには有効であることがわかっています。また、ドライ納豆も乾燥状態だと納豆菌は休眠状態になるものの、体内に入ると復活するため、納豆ふりかけはOKなのです。 乳酸菌ふりかけ<かつお野菜>(丸美屋)・乳酸菌ふりかけ<かつお野菜>(丸美屋) 納豆ふりかけ(通宝海苔)・納豆ふりかけ(通宝海苔)
次のページ 
香り高い「ごま」入りでアンチエイジング
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ