Entertainment

有村架純、紅白司会もCMも“ただいるだけ”の謎

 先日、今年の第68回紅白歌合戦の出場歌手と司会陣が発表されました。なかでもテレビウォッチャーの筆者が注目しているのは、2年連続で紅組司会の有村架純(24)。

 NHK朝ドラ『ひよっこ』で主演を務めたので納得のチョイスと思いきや、「最大のリスクは彼女」なんて声もあがっているそうで、あまり評判はよろしくないよう。

有村架純 確かに、昨年の司会ぶりはお世辞にも上手とは言えませんでした。でも、そこまで不快ではなかったし、むしろ、“あれ、有村さんいたっけ?”と思うぐらい存在感がなかったのが面白かった。彼女、全然前に出ようとしないんですよね。

 というわけで、ここからは有村架純の動じない美学について考えていきたいと思います。

①紅白での“何もしない”司会…綾瀬はるか、吉高由里子との違い



 まず昨年の紅白の司会を振り返ってみましょう。

 有村さんはビックリするほどなんにもしませんでした。“棒読み”だとか“滑舌(かつぜつ)がよくない”なんていう批判がアホらしくなるほど、爪あとすら残しませんでした。

「生放送でも機転がきく」とか、「場をなごませる天然っぷり」とか、色々と売り込みたくなるはずなのに、有村さんの昨年の司会ぶりにはガツガツとした姿勢が全くなかったのです。それが新鮮でした。

 一方、第64回(2013年)と第66回(2015年)では綾瀬はるか(32)の“ドジっ子”ぶりが話題になりました。“初出場”を“はちゅしゅつじょう”と噛んでしまう滑舌の悪さだったり、独特の間で沈黙が生まれたりして放送事故寸前でしたよね。

 第65回(2014年)で司会を務めた吉高由里子(29)も同じ系統でした。グデグデフニフニしながら言い間違いを連発。極めつけは大トリの松田聖子(55)の名前を、「まつど」と読んでしまいました。

 賛否両論ありましたが、一応盛り上がったという点では役目を果たしたと言えるのでしょう。

 この2人に比べると、有村さんのニュートラルぶりが際立ちます。自分から事を起こして人々の記憶に残ろうとか、そんな欲が全くないのですね。そう考えると、有村架純はDoingではなくBeingの人なのかもしれません。

②CMでも演技しない…菜々緒、川栄李奈との違い



 CM好感度ナンバー1になったauの三太郎シリーズを見てみましょう。松田翔太(32)や濱田岳(29)、桐谷健太(37)といった濃い面々に負けじと、菜々緒(29)や川栄李奈(22)も全力の演技で応じています。


 そんな中、有村さんはどうかというと、紅白の司会とほとんど変わらず、小さい声でボソボソと台詞を読んでいるだけ。メインキャラの立ち位置なのに、“ワタシが主役です!”って雰囲気ゼロ。かといって周りを引き立てようと気を使っている感じでもなく、ただそこにいるんです。

 でもだからこそ、ほんのちょっと微笑む表情が印象的だったりするから侮れません。

次のページ 
やっかいな姉・有村藍里にもクールに対応

1
2




あなたにおすすめ