Lifestyle

いじめられっこの野良猫ぽー、去勢してごめんよ【やさしいねこ】

やさしいねこ Vol.2】

 ある日公園に現れた、ブサイクな1匹の猫。

「ぽー」と名づけられたその猫は、他の猫がご飯を食べ終わるのを陰でじっと待っている、遠慮がちな猫でした。

 彼の体はいつも汚れ、傷ついていました。実は、ぽーは”町内最弱”で、まわりの猫たちからいじめられ続けていたのです。

 そんな、ぽーのお話を、戦場カメラマンの太田康介さんが写真と文章で綴ります(書籍『やさしいねこ』として好評発売中)。

囚われの身



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=787618

ごめんよ、ぽー

ごめんよ、ぽー

 人間の狡猾な策(おいしいご飯)によって捕獲器に入り、囚われの身となったぽー。私のTNR(※)第一号として、まずはケージ生活に入る。

 保護した当初、ぽーは調子が余り良くなかったようだ。顔は汚く、よだれをずっと垂らしていた。手術の予約がてら医者に連れて行くと「風邪をひいている」と診断された。エイズ・白血病は両方陰性。良かった、風邪だけだ。薬をもらって、しばらく療養しような。

 ぽーは去勢手術を受けた。今まで自由に生きてきたのにな、そりゃあタマランよな。男の私としても身がすくむような手術を終えたばかりだもんなあ。去勢を終えた印として耳もカットされたし……。

 このTNRが大事なことは頭ではわかっているけれど、ぽーにとっては迷惑なことだよな。ごめんよ。

 ケージの中のぽーは、せつない声で鳴いていた。それがまた、何とも言えないくらい可愛い声なんですよ。

※【TNRとは】「Trap Neuter Return」の略で、飼い主のいない猫を保護し、去勢手術を受けさせた後に元の場所に戻すこと。繁殖を防止して無用に命を奪われる猫を減らすための措置で、「地域猫」として一代限りの命を見守っていく。去勢手術を受けた猫は、その目印として耳先にV字のカットを入れられる。

エリザベスI世



手術後の傷口を舐めてしまわないよう、首にエリマキをつけられたぽー

 手術が終わり、ぽーは首に大きなエリマキ(エリザベスカラー)をつけられてしまった。これは手術した傷口を舐めないための措置だ。

 だけど、笑っちゃいけないけど笑ってしまう。かわいい、かわいいよ。ぽー。エリザベスI世のようだ。知らんけど。……ごめんごめん、君はそれどころじゃないよな。傷がズキズキ傷んでいるだろう。申し訳ないけれど少しガマンしておくれ。

エリマキのせいで、ご飯が食べづらそう。でも食欲は旺盛

 エリマキが邪魔して、ご飯も食べにくいし、水も飲みにくい。でも食欲は旺盛なぽー。首輪には「キョセイズミ」の文字と私の携帯番号が書いてある。これはぽーの面倒を一生見ていくという誓いのつもりだ。

 手術を終え3日後、エリマキは外してやった。ぽーの野性の血はそろそろ限界に近づいている。そろそろ解放の時期に来たかな。

「キョセイズミ」と書いた首輪に、私の携帯番号も

 首輪をつけて、耳カットもした。カットした傷口も乾いてきている。よし、解放だ!

 これでぽーは、野良猫ではなくなった。太田家の外猫としてこれから面倒を見ていけると、この時は思っていた。

自由の身に



 いよいよ、ぽーを解放する時がきた。

 どこで放すか迷いましたが、やはり捕獲した公園が安心できていいということになりました。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=787641

 ネットをかけて……君はおとなしいね。いい子、いい子。そのままおとなしく公園に到着。実はその後、ネットごと走って逃げそうになったのですけどね(笑)。慌てました……。

 もう一度公園のベンチに戻し、ファスナーを開けて準備完了!

 さあ行け、ぽー! お前は自由だ!!

ほら、いいよ。もう逃げられるんだよ

 ? 固まってるなあ。「もう少しネットを外してやるか」と近寄った瞬間。

ダダダー!

 林の中にダッシュで消えていった。写真を撮ろうと思ってたのにだめだった。

 たっしゃでなー。ご飯は食べにおいでねー。

“まっぴらごめんだニャ”

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=787645

まっぴらごめんだニャ

 ぽーはこの捨て台詞を残して去っていった(本当か)。

 ぽー~。

やさしいねこ

※クリックでAmazonにジャンプします

<文・写真/太田康介>

【太田康介】おおた・やすすけ●ボスニア・ヘルツェゴビナやアフガニスタン、カンボジア、北朝鮮などを撮る戦場カメラマンとして活躍。東日本大震災後は、原発周辺に取り残された家畜やペットの写真を撮るとともに、飼い主のいない猫のTNR(地域猫化)と給餌活動を続けている。ブサイクで遠慮がちな野良猫「ぽー」の心温まる物語『やさしいねこ』を10月18日に上梓。ブログ「うちのとらまる」http://uchino-toramaru.blog.jp/

あなたにおすすめ