Lifestyle

ブサイクでどんくさい野良猫「ぽー」と出会った【やさしいねこ】

 ある日公園に現れた、ブサイクな1匹の猫。

「ぽー」と名づけられたその猫は、他の猫がご飯を食べ終わるのを陰でじっと待っている、遠慮がちな猫でした。

ぽー傘の下 彼の体はいつも汚れ、傷ついていました。実は、ぽーは”町内最弱”で、まわりの猫たちからいじめられ続けていたのです。

 そんな、ぽーのお話を、戦場カメラマンの太田康介さんが写真と文章で綴ります(『やさしいねこ』として10月18日刊行予定)。

――――――――――――

【やさしいねこ Vol.1】

入れ、入るんだ、ぽー!!



 ある日、うちの近所の公園でブサイクな白い猫を見かけた。しっぽの柄が特徴的な猫で、しっぽの「ぽー」と名づけた。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=762899

さあ~かなり警戒しているあいつを捕まえるぞ

 突然だが私は、初めての「TNR」活動として、彼に狙いを定めていた。その活動は、飼い主のいない猫の殺処分や苦情、事故死などを減らすためにも必要な措置なのだ。これから捕まえて去勢手術をさせてもらうが、許しておくれ。

※【TNRとは】「Trap Neuter Return」の略で、飼い主のいない猫を保護し、去勢手術を受けさせた後に元の場所に戻すこと。繁殖を防止して無用に命を奪われる猫を減らすための措置で、「地域猫」として一代限りの命を見守っていく。去勢手術を受けた猫は、その目印として耳先にV字のカットを入れられる。

 賢い私は、いきなり手を出して野良猫を捕まえるなんてことはしない。あいつを捕まえるのには……これだ。捕獲器1号(キャリーケース)。

キャリーケース

ごくふつうの猫のキャリーケースに、ご飯(ごちそう)を入れてあります

 入り口までカリカリでおびき寄せて、さらにごちそうを中にセットする。カリカリ ですらあいつにはありがたいご飯なのに、マグロなんぞ入っていた日にゃもう卒倒するほど嬉しいに違いない。

 ひょっとすると「お願いですからボクを捕まえてください」と懇願されるかもしれない。サービスで自分から扉を閉めてくれる可能性すらある。いくらなんでもそれはないか……まあとにかく入ったら扉をバタンである。完璧! フフフ……。

 落ちているカリカリを美味しそうに食べているのを見ていたら、ぽーと友達になれそうな気がしてきた。ひょっとして手からご飯も食べてくれるんじゃないか? 手にカリカリを乗せて出してみた。

カリカリ

手からカリカリを食べてくれるかも……※再現画像です

バシッ!

 血がでた。強烈な猫パンチでした。ツメぐらい切っといてほしい……。

 結局私は叩かれ損だったが、状況は良いほうに向かっていた。ある日ぽーは、ゆっくりとキャリーケースのほうに誘導され、とうとう中に入った……。

キャリーに入った

※合成による再現画像です

……あかんやん。

 ケースが小さくて体が全部入らない。「ポリポリ」「クチャクチャ」と音が聞こえる。
 ああっ、中のおいしいご飯食べてる。食べてほしいけど全部食べないで……食べるなら全部入ってからにして……ああ~食べてしまった……。

 結局、ただのご飯タイムになっただけだった。ぽーの腹は膨れた。

 良かった良かった……。

 じゃなくて! 何とか捕まえて去勢しないと!

 ご飯のお礼にぽーが自分で扉を閉めてくれることは絶対にないことはもうわかっている。そこで、捕獲器2号「はいるくん」の登場だ。

私の技術の粋を尽くした捕獲機2号「はいるくん」

 猫が中に入ると、バネが作動して扉が閉まるようになっている。暴れて怪我をしないよう、針金やカットした鉄板のバリなどをヤスリで削っている。さらに、尻尾が挟まることを想定して厚紙でカバーした。

 準備は整った。あとは「はいるくん」をセットするだけだが、どこに置くかが問題だ。これを持って近所をウロウロするのは、かなり怪しい人間丸出しになってしまう。できれば家の裏など目の届くところがいいのだが……。

次のページ 
公園にぽーがぼーっと座っていた!

1
2
あなたにおすすめ