Gourmet

“美人野菜”スプラウト、食べなきゃ損なこれだけの理由

ラクうま美人ごはん Vol.22】

 その実力、カット野菜以上!?

スプラウト カイワレ「カット野菜って便利だけど、しっかり栄養があるか不安・・・」という方に、オススメしたい野菜と言えば、「スプラウト」。もやし? 豆苗? カイワレ? うーん、色々ありそうです。

 そうです今回は、ワンランク上のキレイを目指して、「スプラウトをもっと食べよう!」というお話。早速「スプラウト」とは何なのか? という話をはじめましょう!

「スプラウト」って何?



「スプラウト」とは、穀類、豆類、野菜の種子を発芽させた「新芽」のこと。野菜のくくりでは、「発芽野菜」と呼ばれ、植物が大きく成長するために必要な栄養がたっぷり含まれています。現在様々な種類のスプラウトが野菜売り場に並んでいますが、これら多くに共通する魅力点としては、以下3つに集約されます。

1.ビタミン・ミネラルが豊富
ビタミンC、葉酸、カリウム、β-カロテン、ビタミンKなど、美容には欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

2.低カロリー
カロリーはどれも50kcal未満(100グラムあたり)。太ることを気にする必要は全くありません。

3.無農薬で栽培される
多くのスプラウトは管理された空間で水耕栽培されるため、基本的に農薬を使用しないようです。またメーカーによっては化学肥料も不使用のケースも。

 また、価格も安定してリーズナブル(1パック30円~100円程度)なため、カット野菜を買う以上に積極的に食べたい野菜なのです。そこで今回は、数あるスプラウトのうち、有名3種「かいわれ大根」、「アルファルファ」、「ブロッコリースプラウト」について、優れた特徴と活用法を紹介してみたいと思います。

【1】かいわれ大根…脂っこい肉料理などと合わせよう



 古来から食べられている王道スプラウト。ピリリとした辛味は、アンチエイジングをサポートする「イソチオシアネート」。肉料理などの脂っこいメニューと合わせて食べるべし!

かいわれ大根 大根の種子を発芽させた「カイワレ」は、モヤシと並び最もリーズナブルで親しみのある発芽野菜。実は平安時代から食べられていた歴史あるスプラウトで、ビタミンC、ビタミンK、葉酸などの摂取に有用です。

 食べてピリリと感じる辛味は、「イソチオシアネート」という成分によるもので、がん予防やアンチエイジングに効果が期待されています。また、大根おろしと同様に消化酵素を含むため、脂っこい肉料理などと合わせて食べると良いとされています。

次のページ 
アルファルファ、ブロッコリースプラウトはここがスゴイ

1
2
あなたにおすすめ