Love

男の“俺アピール”ウザい度ランキング

容姿も条件も悪くないのに、なぜか男として魅力がない。いいなと思っていた男性の、ある言動を見た瞬間、サーッと心が冷えていく。そんな体験はないだろうか? そこで「男のガッカリ行動」を、女性100人に調査してみた。あなたの彼氏は大丈夫?(実例を基にした選択肢で、25~35歳未婚女性100人にインターネットでアンケート)

間違ったアピール



⇒【女性100人調査】一覧はコチラ
http://joshi-spa.jp/?attachment_id=8034


 気に入られたいと思えばこその男性のアピールに、底の浅さを感じてしまうことがある。

「相手の相談や愚痴の一語一句に『わかるわかる』」(94NG)、「後日、話の続きをしたら『なんだっけ?』だって。親身なふりして聞いてたくせに、裏切られた気分!」(29歳・運輸)。

 “女心がわかる男”のフリをされても、本心ではないとうっとうしくなってしまうのだ。

 イイ男・ワルい男アピールも定番。二重を深くしてみたり、年甲斐もなくシルバーリングをつけてみたり。だが、「ナルシシストっぽいのは引く」(28歳・保険)。「小栗旬に似ていると言われたとアピールしてきた男。『どこが?』と思っていたら、キャバ嬢に言われたらしい。キャバ嬢のサービストークに一喜一憂している男って時点で、恋愛対象に見られなかった」(27歳・貿易)というのは、当然の意見だろう。

「昔遊んでいた自慢」も痛々しい。「昔、ギャル男だったサラリーマンが、ともかくワル自慢ばっかりなんです。ナンパしたとか、2日オールでも余裕だったよとか。今の自分に自信が持てないのかな、と思った」(29歳・貿易)。何げない一言に、女心は鋭く反応するのだ。

ウザい 飲食店にまつわるエピソードも数多く、「『やっぱ焼き鳥は塩だわ~』などと、独り言を装ってウンチクを披露」(89NG)、「安居酒屋でグラスワインの銘柄や魚の産地を聞く」(89NG)、「『この店はイマイチだなあ』などと言う」(82NG)などに対して、「通ぶりたいばっかりに周囲をイラつかせてる。結局、自分を大きく見せたいんでしょ!」(30歳・塾講師)と批判が。なかには、こんな報告も。

「韓国料理屋で辛さマックスの料理を頼み、それを平然と食べる……というのを、自慢げに見せつけてくる男がいました。それのどこが偉いのよ?」(31歳・飲食)。

 誰しも捨てきれない中学生の魂はあるもので、意外と憎めないような気がしないでもないが……。

 ちょっと男性が気の毒になるのが、「給料日直後だけ、分不相応な店に連れていってくれる」(74NG)。男性のお金の遣い方に、女性は超シビアな目を注いでいる。「そこまで高給なはずはない人で、貯金も一切していない様子だった。典型的な計画性のない男だと見切りをつけた」(28歳・SE)というのも、結婚後の苦労が目に見えているから当然かもしれない。

― サーッと心が冷える「男性に幻滅した瞬間」108景【女性100人調査】【3】 ―




あなたにおすすめ