Beauty

年末太りを防ぐには?すぐ実践できる3つのコツ

 こんにちは。ビューティーフードアドバイザー・ヨガインストラクターの高木沙織です。

「年末太り」という言葉とともにお腹のお肉も重~くのしかかる季節。職場の忘年会や友人との外食、イベントでの飲酒……。そこに、寒さによる運動量の低下も関係して“年末太りスパイラル”から抜け出せなくなる方も少なくないでしょう。これでは清々しい気持ちで新年を迎えられませんよね。

忘年会シーズンを乗り切るには? そこで今回は、年末太りを最小限に抑えるためのコツを紹介していきたいと思います。

3つの“あ”は控え目に!



 外食時だけではなく普段の食事でも言えることなのですが、3つの“あ”の摂りすぎはカロリーオーバーの原因になります。気になる3つの“あ”とは、アルコール・脂っぽい料理・甘い物のこと。

 食事の際は、食物繊維を含む野菜や海藻類から食べておくと低カロリーな食材でお腹が満たされるのに加え、食後の血糖値の急上昇~内臓脂肪の蓄積を緩やかにする効果に期待できます。

 アルコールは、糖質が多いビール、日本酒、カクテルよりも糖質が少ない焼酎、ウイスキー、赤ワインがオススメですが、飲みすぎには注意が必要です。

少しずつ何度も取るのはNG



少しずつ何度も取るはNG 美味しい料理を前にしたときや楽しくワイワイ食事をしているとき、気が付いたらお腹がはち切れんばかりにパンパンになるまで食べすぎてしまった経験はありませんか? 振り返ってみても、自分が何をどのくらい食べたかわからなくなっていることでしょう。

 太らないための食事のコツとして、食べる量の把握はとても大事。少しずついろいろなものを自分のお皿に取り分けるのと、一度に自分が食べる量をお皿に取り分けるのとでは、後者の方が食べる量の把握がしやすいです。

 オーダーしたメニューが運ばれてくるタイミングによって難しくもありますが、ある程度の料理が揃った時点で取り分け始めるとよいでしょう。食べすぎの防止に役立ててみてください。

次のページ 
体を温める&消化促進のヨガポーズ

1
2




あなたにおすすめ