Beauty

アラサーでも3割が歯周病!口臭、黄ばみには歯磨きだけじゃダメ

歯垢を取るデンタルフロスは必須です

 次に、石井先生に美しい歯を保つデンタルケアの秘訣を学びます。  デンタルケアの強い味方は「デンタルフロス」です。しかし、今まで手に取ったことのない人も多いかもしれません。また、ドラッグストアに行くと種類も豊富だし、どれでも同じかなと購入したけどなんだか使いにくいし、歯の間に上手く入らないから諦めてしまったという声も耳にします。
デンタルフロス

いろいろなデンタルフロス

 虫歯や歯周病、口臭は、正しいデンタルケアで予防することができます。天然のデンタルリンスである唾液分泌を促すためにもデンタルケアは正しく、念入りに行いましょう!
前歯の裏側もフロス

歯石が溜まりやすい下の前歯の裏側もフロスを巻き付けて汚れ落としが出来る

「人の歯や口中の状態はそれぞれ違いますから、自分に合ったデンタルフロスを用意してください。  ワックスでコーティングしてあるフロスや、リボンみたいな糸の物などが比較的、馴染みがよく、歯間にスッと入り、スッと抜けやすくなると思います。  そしてフロスを使いこなすポイントは長さです。長めにカットすることが重要です。目安は指から肘よりも少し長めに。奥歯付近は指だけでなく手も使ってフロスしますので長さはマストです。  同時に歯石が溜まりやすい下の前歯の裏側もフロスを巻き付けて汚れ落としが出来るようになると、歯石も付きにくくなるので、歯周病のリスクが下がります」(石井先生)
デンタルフロスは長めにカット

デンタルフロスは長めにカット

 寝る前に歯磨きの仕上げにデンタルフロスを使うと効果テキメン。歯ブラシでは取り切れなかった汚れを確認でき、唾液の通り道を作ることで虫歯や歯周病の発生を抑えられるのです。

ゴシゴシこすると歯の間にすき間が…

「デンタルケアする人に多く見られる落とし穴があります。  私の患者さんにも時々いらっしゃいますが、デンタルチェックの時に下の前歯の間に大きな空隙が出来ていたので、よく聞くと毎晩かなりの力と、サイズの合わない歯間ブラシや楊枝でゴシゴシとこすっていたとのことでした。  下の前歯付近の歯肉は薄くてとてもデリケートですので、摩擦に弱く、極度の刺激を繰り返すと下がってきます。しかも歯肉は一度下がると中々戻らない性質があります。  下がってしまった歯肉をさらに追いつづけると歯根が露出してきます。これが知覚過敏症状を呼び込んでしまいます。くれぐれも自分にあったデンタルフロスを使うことをお勧めします」(石井先生)   歯ブラシの使い分けや、デンタルフロス、歯間ブラシなども毎日のケアに加え、自分に合ったデンタルケアツールを見つけ、美しい口元を意識してください。それが健康に繋がるので是非お試しを! 【石井さとこ先生 プロフィール】 審美歯科ドクター、口元美容スペシャリスト、「ホワイトホワイトデンタルクリニック」院長。2005年~2012年の8年間、ミス・ユニバースのオフィシャルサプライヤーとして、ファイナリストの白い歯をサポート <TEXT/草薙厚子>
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ