Entertainment
News

ペットのインフルエンサー世界1位は不機嫌ネコ!日本のあのスター犬は?

Please hold my paws forever

nala_catさん(@nala_cat)がシェアした投稿 –


『フォーブス Forbes』が次々発表している「2017年SNSインフルエンサー」。これまで「ファッション」や「美容」「子育て」「エンターテインメント」「旅行」などの分野で、我々のライフスタイルや消費に影響を与える力を持った SNSユーザーが紹介されてきました。

 その中で異彩を放つ「ペット」部門。これは「ペットの飼い方を伝授する」といった飼い主たち、つまり人間を扱ったものではなく、動物が主役のカテゴリー。今やペットが人間に影響力を与える時代になっているようです。

一夜にしてネット上のスターになった不機嫌ヅラの猫



 今年、「一番影響力のあるペット」に輝いたのは、アメリカのアリゾナ州に住む女性タバサ・バンデンセンさんが飼っているメス猫「Grumpy Cat」(グランピー・キャット。不機嫌な猫の意)。


 2012年、彼女の弟が生後2カ月のグランピーの写真を“米国版2ちゃんねる”と呼ばれる「レディットReddit」に投稿したところ、その特徴的で不機嫌そうな顔がネット上で話題に。一夜にしてスター猫になってしまったそうです。


 この現象についてタバサさんは、「(その写真を見た)多くの人がフォトショップ加工しているに違いないと言い出したため、私の弟がYouTubeに動画をアップしました。その動画が24時間で100万以上再生され、彼女はスター猫になったのです」と、『フォーブス Forbes』のインタビューに答えています。

グランピー・キャットGrumpy Cat

「グランピー・キャット」グッズの色々。写真は公式サイトより https://www.grumpycats.com/shop

 センセーショナルな登場から5年経った今でも、グランピーの世界トップの座は不動。

 “人並み”にプロのマネージャーがグランピーのスケジュールやCM出演のオファーを仕切り、カレンダーやTシャツ、コーヒーカップ、グランピーが“スポークス・キャット”を務めるペット商品などはクリスマスプレゼントとしても人気があるのだとか。

 同部門トップ10を飾ったペットたちの中には他にも、Amazonやヴァージン・アメリカ、グーグル、サムソンといった大企業をスポンサーに持つ犬や猫ばかり。たかが動物と、あなどってはいけません!




柴犬まるちゃんはインスタフォロワー数世界4位!



 ところで、日本で大人気の柴犬のまるちゃんは残念ながらトップ10インフルエンサーには選ばれませんでした。


 しかし『Newsday』など各メディアによると、インスタグラムのフォロワー数(260万人以上)でなら世界4位とグランピー・キャット(5位)の上を行く大健闘。

 しかもトップ10となった動物たち中では、唯一アメリカ国外からランクインのが、まるちゃんだというのだから凄いですよね。

jiffpom さん(@jiffpom)がシェアした投稿 –


 ちなみに現在、フォロワー数トップは730万人以上のフォロアーを持つカリフォルニア在住のポメラニア犬、Jiff pom(ジフポム)。可愛い衣装を着てカメラ目線で微笑む姿はさすがトップの貫禄。

 芸達者な彼は前足だけ、後ろ足だけで走る世界最速犬。それぞれのギネス記録保持者でもあり、『ギネス世界記録 Guinness World Records』にも名前が載っているとか。世界一のインスタ犬、恐るべしです!

Source:
『Forbes』https://www.forbes.com/sites/clareoconnor/2017/09/26/forbes-top-influencers-grumpy-cat-the-internets-original-pet-superstar-reigns-supreme/#199b6515287a
https://www.forbes.com/top-influencers/pets/#1d5740cf674d
『Newsday』https://www.newsday.com/lifestyle/pets/most-followed-pets-on-instagram-in-2017-1.15257146
『Guinness World Records』 http://www.guinnessworldrecords.com/news/2014/8/video-introducing-jiff-the-fastest-dog-on-two-paws-59860

<TEXT/アメリカ在住・橘エコ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

橘エコ
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。 ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。




あなたにおすすめ