Entertainment

愛する女性を親友に“譲渡”。ドロドロの事件をもとにした作品に戸次重幸が挑戦

 文豪・谷崎潤一郎が、自らの一大スキャンダル「細君譲渡事件」を題材に執筆した短編小説を、現代劇として蘇らせた映画『神と人との間』。


 親友の穂積から好きな人を譲られて結婚する添田を演劇ユニット「TEAM NACS」の戸次重幸さんが、穂積を渋川清彦さんが演じてW主演を務めています。泥沼の三角関係を演じた戸次さんは、果たして役柄に共感することができたのでしょうか。実生活で結婚3年目である彼に話を聞きました。

戸次重幸さん

戸次重幸さん

添田は精神的な意味でのスワッピングをやりたい男



――谷崎潤一郎の大スキャンダルが基になっているすごい内容です。共感はできましたか?

戸次:共感は……できませんよねぇ(苦笑)。もし添田に共感できるとしたら、(原作者の)谷崎さんだけなんじゃないかと思いました。たぶん精神的な意味でのスワッピングをやりたいんですよね、添田は。ただそのやり方が非常に利己的で、人の気持ちを考えないスワッピングなんですよ。

本来スワッピングって、そこに参加する全員の合意がないとできないはずの行為なんだけど、合意もなく、そういう立ち振る舞いをしている。絶対に理解できない感情だなと思いながら、やらせていただきました。

『神と人との間』より

『神と人との間』より

――それでも演じていくうえで、添田の気持ちに対して、次第になるほどと理解できたような部分はありませんでしたか?

戸次:ないですね~。一切ないです。役者としての想像力をフルに動員してやりきった感じです。

――そういうイチから生み出すという作業は、役者としてはやりがいがありましたか?

戸次:もちろんあります。いろんな役をやるとき、やっぱり納得しないとどんな芝居もできないんです。仮に納得しないでやったとしたら、それは映像に出てしまう。そこで大事になってくるのが監督とのディスカッションなんです。

それで監督に質問してみたところ、これはコメディ、ブラックコメディですと言われたんです。それを聞いて、あぁ、そうかと。全部腑に落ちました。コメディなら、添田の突飛な行動も全然あるなと。それから納得してやることができました。

『神と人との間』より_2

『神と人との間』より

――拝見していても、笑えるシーンがいくつもありました。たとえば、添田の妻になった朝子さんが、飲み屋で官能小説をお客さんに読んでいるシーンとか。何をしてるんだろうと(苦笑)。

戸次:笑っちゃいますよね。でもあれね、台本にあれが書かれていますよね。そこだけ読むとすごくエッチなシーンに思えるんですよ。だけど映像になったら、どこにもエロスを感じない。そこがブラックコメディなんですよね。何しとんねん!ってお客さんがツッコめる。本人は大真面目なんだけど、第三者的な目で見るとズレがある。だからおもしろい。

「TEAM NACS」が1日でも長く続けばいいと思っている



『神と人との間』より_3

『神と人との間』より

――戸次さんご自身は奥さんを“譲渡”してみたいという気持ちは絶対にない。

戸次:絶対にないです。

――では、譲渡したいという人が現れたら?

戸次:いやぁ、怖いですねぇ。譲渡されてもねぇ。僕みたいなチキンは何もできませんね。

――添田と穂積は全くタイプが違います。それでも親友になりえたのはなぜだと思いますか?

戸次:ふたりとも芸術家(漫画家)になりたい、アーティストになりたいという思いがある。そこが共通している。そしてお互いに持っていないものを持っていた。そんなふたりだからこそ、友情も生まれたんじゃいかと思いますね。最初は。

『神と人との間』より_5

『神と人との間』より

――「TEAM NACS」のメンバーも、性格はバラバラでも、目指すところが一緒だから上手くいくといった部分はありますか?

戸次:ありますね。5人が5人、みんな思っていることは、「TEAM NACS」が1日でも長く続けばいいということ。そのために取る手段は違うかもしれないですけれど、大枠で個人個人が売れることによって、「TEAM NACS」が続いていけばいいと、みんなが思っています。

次のページ 
この作品に共感したらダメ人間の証!?

1
2
『神と人との間』は1月27日よりテアトル新宿ほかにて公開
配給:TBSサービス

ヘアメイク:横山 雷志郎(yolken)
スタイリスト:小林 洋治郎(yolken)
ジャケット、パンツ、白シャツ:インフルエンス 03-6438-9610




あなたにおすすめ