Gourmet

全米が夢中!植物からできた人工肉、肉汁たっぷりで日本上陸間近?

 カナダ版『ハフィントンポスト』が発表した2018年一番ホットなフードトレンド予測。その中にあった「フェイクミート」が代用品の域を越え、お肉そのものの味と見た目を持つ「ミートレスミート」としてアメリカやカナダで定着しつつあります。

Beyond Meatさん(@beyondmeat)がシェアした投稿


再現度がハンパない!ビル・ゲイツも出資した次世代「人工肉」



 日本で「ミートレスミート」、いわゆる肉を使わずにその味を再現する料理といえば、肉の代わりに豆腐を使う豆腐ハンバーグが有名です。

 今、北米で注目を集めているのはその一歩も二歩も先を行く次世代の人工肉。IT企業が集まるシリコンバレーの研究室から生まれた、人工なのに肉汁たっぷり、再現度が半端ないジューシーな肉がレストランやスーパーマーケットに並び始めているのです。


『ビジネス・インサイダー Business Insider』によれば、ビル・ゲイツをはじめ著名なIT長者が巨額の資金を投資した「インポッシブル・フード」社では、牛肉や豚肉が含む成分を分子レベルで研究。

 遺伝子操作は一切行わず、植物性100%にこだわった人工肉に、鉄分などを注入することで、ピンク色の肉と赤い肉汁、噛んだときにほのかな鉄分を感じさせるアミノ酸を含むリアルなハンバーガーパテを作ることに成功したのだとか。


 同社はミシュランで星を獲得したレストランとも提携しており、既に全米43のレストランでミートレスバーガー、その名も「インポッシブル・バーガー」を提供。将来的には1000軒以上のレストランで食べられるようになるそうです。

 実際に食べた人は「焼いている時から本物の肉と同じくグリルから血がしたたり、匂いもハンバーガーそのもの」と、シズル感たっぷりのミートレスバーガーにご満悦のようでした。

「環境や健康には気をつけたいけど肉は食べたい」肉食層がターゲット



「ミートレス」と言うと、ベジタリアンやヴィーガンの代用食のイメージが強かったのですが、「ミートレスミート」を作っているシリコンバレー企業がターゲットにするのは、肉を好む“肉食層”なのだそうです。

『サンフランシスコ・クロニクル San Francisco Chronicle』によれば、ベジタリアンやヴィーガンが増えてきているとはいえ肉食層はいまだに多く、「アメリカだけで年間2000億ドル(約220兆円)以上の肉を消費している」とのこと。

 大半のアメリカ人にとって、「肉は食べたいけど健康には気をつけたい」「将来の人口増加で予測される食糧危機は知っているけど、虫なんか食べたくないし、ベジタリアンにもなりたくない」「とにかく肉食って、ビール飲みたい」が本音なのですね。

Beyond Meatさん(@beyondmeat)がシェアした投稿


 この流れを受け、日本にも進出している大手レストランチェーンのTGIフライデーズが、今年に入り全米450店舗で「ミートレスマンデー・キャンペーン」を始めたと『オーガニックオーソリティ Organic Authority』が伝えています。

 さらにシリコンバレーの他の企業では、魚から抽出した成分を使った人工魚、フィンレスフィッシュ(ヒレのない魚)の開発を進めているそう。日本のカニカマは“もどき”感が拭えませんが、アメリカで開発されたフィンレスフィッシュは一体どんなお味になるのでしょう?

いよいよ日本上陸も間近?



 この“ミートレスミート旋風”、健康志向の日本へやって来る日も近そうです。『日本経済新聞』は一面で、大手商社の三井物産が今年春をメドに、ミートレスミートを日本市場に投入すると報じています。(2017年10月30日夕刊)

 第一弾はハンバーガー用のパテで、高級バーガーを扱うレストラン向けに販売するとのこと。お店のメニューでリアルミートとミートレスミートを選べるようになるわけですね。

 さて、皆さんはどちら派になるでしょうか?

「Huffington Post」http://www.huffingtonpost.ca/2018/01/09/food-trends-2018_a_23327293/
「Business Insider」http://www.businessinsider.com/impossible-foods-meatless-burger-how-its-made-2017-8/#a-large-baked-potato-provide-as-much-protein-as-a-serving-of-cheddar-cheese-its-inclusion-in-the-impossible-burger-also-adds-some-chewiness-14
「San Francisco Chronicle」http://www.sfchronicle.com/food/article/The-Bay-Area-becomes-the-global-hub-for-faux-meat-11118548.php
「Organic Authority」http://www.organicauthority.com/tgi-fridays-to-run-meatless-monday-campaign-after-vegan-burger-launch/

<TEXT/アメリカ在住・橘エコ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

橘エコ
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。 ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。




あなたにおすすめ