Love

一度も彼氏ができない33歳OL…“究極にかわいくないLINE”の破壊力

 ユミさんは苛立ちをなんとか抑えつつ、 <お疲れ様です。連絡ないので、明日どうするのかなと思ってました。。お店予約しないとですよね。。>  と返します。するとすぐに既読がつき、返信がきました。 <すみません、仕事が立て込んでて……。とりあえずお互い移動が楽なところで、有楽町駅にしましょうか> LINE仕事は私も忙しいですが……。えっと、やっぱり前日だとちゃんとしたお店も取れないですよね?? 一旦仕切り直して、別日にしませんか? 私の方もスケジュール確認します>  そう送ると同時に既読がつきましたが、その後待っても返信はありませんでした

選ぶ立場。でも選ばれる立場でもある

 そもそも一緒に食事に行こうという話は、「LINEで話すうち、どちらともなくなりゆきで……ですね」とのこと。それならばユミさんから、オススメの店の紹介や食べたいものの提案をするなど、あくまで一緒に相談しながら決めれば良さそうです。しかしユミさんはあくまで男性にリードして欲しいのだそう。 「むしろそんなこともできないとか引きますよね……行きたくなくなりますよ。段取りが悪かったのを反省して、別日にちゃんとしてくれたら話は別でしたけど、連絡なし。これも有り得ないですけどね。じゃあ食事行く約束なんてしなきゃいいのに。やっぱいい加減なんですよ、男であんなスタンプ使うし」  Aさんへの不満をポツポツ漏らしながら、ややふてくされた様子のユミさん。もしもユミさんが今回、仕事で忙殺されていたかもしれないAさんに変わってお店を予約し、一緒に食事に行っていたら……。そして楽しい時間を過ごせていたなら……。 「いや、最初って重要ですよ」  ユミさんの減点式の婚活は、なかなか終わる気配を見せません。 <TEXT/ハタイ>
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ