Love

一度も彼氏ができない33歳OL…“究極にかわいくないLINE”の破壊力

「この人いいかも、とは思うことあるんですけど、好きな人がなかなかできないんです」

 そう語るのは、都内の大手メーカーで事務職として働くユミさん(33歳)。普通のOL風の外見で、恋愛経験もありそうな彼女ですが、今まで一度も彼氏がいたことがありません

ひとり

写真はイメージです(以下同じ)

 もちろん恋愛には興味があって、これまで出会いの場には積極的に顔を出し、20代後半からは結婚前提の相手を探して婚活もしています。つい先日の合コンでも「いいかも」と思えた男性・Aさんがいました。LINEを交換し、今度食事に行く約束をしたのですが……。

「Aさんから送られてきたスタンプが、リラックマなんですよ。絶対女の影響ですよね? それか、女ウケ狙ってるか。そもそも男の人が、わざわざかわいい系のキャラものの有料スタンプって……普通じゃなくないですか?

 ユミさんは怪訝(けげん)そうな表情を浮かべました。

とにかく相手の男性に求めまくる



 ユミさんにはこれまで彼氏こそいたことがありませんが、合コンや婚活パーティーで出会った男性と連絡先を交換することや、食事に出かけることは珍しくないそうです。

 ユミさんにとっての相手に求める最低条件は、「早慶以上の大卒以上で、そこそこちゃんとした会社に勤めてる人」。それをクリアしている相手であれば、お互いを知るためにも食事に行くようにしているのだとか。

男性をジャッジ 冒頭の合コンで出会ったAさんはといえば、慶応大卒で東大院卒の一つ歳下。五大商社の一つに勤務しているそうで、どこに出しても恥ずかしくない、すばらしい経歴の持ち主といえるでしょう。

「学歴と勤務先はまあ、問題なしですね。というか、今までの合コンで知り合う人はみんないまいちだったので、それと比べたらAさんはかなりハイスペだったと思います。

 ただそれ以外にも重要なポイントっていろいろあるので。リラックマのスタンプもそうですけど、他の女の子にもこういうことしてるんだなと思ってしまって、ちょっと信用できなかった。それに……」

 不満顔のユミさんはこう続けます。「食事に行く約束の日が明後日、という状況でも、お店とかの連絡が来なかったですね。食べ物の好みや苦手なものも訊かれないし。気が遣えない人。」

「私、安くないので」という態度の破壊力



 約束の日の前日もユミさんはAさんからの連絡を待っていました。朝の通勤中、仕事の合間……いくらスマホを確認しても、連絡はないまま。

「前日なんだけど? って感じですよ。普通ありえなくないですか? でも私から『明日どうする?』っていうと、私だけ楽しみにしてるみたいでやだし、なんか安い女に見られそうじゃないですか。ちゃんと段取りできる人か、こういうときどういうフォローできるのか、その辺りを見極めるためにも、あえて私からはアクションしませんでした」

予約 AさんからLINEが届いたのは、ユミさんが仕事を終えオフィスを出たとき。反射的にすぐトーク画面を開いてしまい、「しまった、すぐ既読つけたらシャクだな」と思った次の瞬間、目に飛び込んできた<明日どこにします?>というAさんからのメッセージにユミさんはひどく落胆し、同時に腹が立ちました。

「どこって、それくらい考えろよっていう。前日まで連絡なしでこれはないです」

次のページ 
究極にかわいくない返信の内容とは……

1
2




あなたにおすすめ