Love

ビンボー同士の国際婚活パーティが大盛況【潜入体験】

’00年代半ばに訪れた婚活ブームだが、結婚できない男女の間に新たな潮流が生まれている。その婚活ターゲットになっているのは外国人。ただ単に、国際結婚を夢見る「外国人好き」という、これまでの構図とは違う形で繰り広げられている“国際婚活”の大盛況な現場をリポートした!

お金はなくてもバイタリティがある!



撮影ができなかったので写真はイメージですが、ノリとしてはこんな感じ

 英会話教室が主催する外国人男性と気軽に出会えるパーティがあると聞きつけ、「あわよくば国際結婚」を夢見て、ライターM(30歳)が参加してみた。

 会場である渋谷のレストランバーに行くと、爆音のエレクトロをBGMに、赤ら顔の外国人男性と日本人女性計200人がスシ詰め状態で大盛り上がり! すぐに「NO MONEY! NO HONEY!!」と書かれたTシャツの白人男性に話しかけられ、片言の英語と日本語で自己紹介。

 彼は、来日歴半年のオランダ人(30代前半)でゲーム制作会社に勤務。日本の漫画やゲームに憧れていたらしく、「念願の来日だ」と英語で熱く語られたが、ほぼ理解不能。ゲームよりも結婚の話がしたいのに……。しかも、日本の電車賃が高すぎるからと、練馬から渋谷まで歩いて来たことが判明。さすが外国人「ノーマネー」のスケールもデカい!

 こんな貧乏外国人しかいないのか、と肩を落としていると、パーティの常連だという派遣OL(29歳)が話かけてくれた。

「このパーティに参加している外国人はほとんどお金ないと思うよ。でも、お金なくても明るいじゃないですか(笑)。ロマみたいで自由な生活が羨ましい。私も結婚相手は、一緒に楽しくバックパッカーとかしてくれる人がいい。年金とか全然払ってないし、将来日本にいてもロクな暮らしができなさそうだから、早く海外に脱出したいの!」

 ミワさんのような考えの女性が、こうした国際交流パーティに多く参加し、結婚相手を探しているとか。男性には経済力よりも、貧乏でも楽しく生きるバイタリティ。でも、せめて家は欲しいっす!

<PHOTO/Nikolay Denisov>
― [外国人×日本人]婚活が大盛況【3】 ―




あなたにおすすめ