Entertainment

バックストリート・ボーイズが、日系の人気DJスティーヴ・アオキとコラボ!

「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」などのヒット曲で知られ、90年代に一世を風靡したアメリカのポップグループ、バックストリート・ボーイズ。CD総売り上げは1億3000万枚を超えるスーパーボーイズグループだが、最近では彼らの曲を聴くことは以前より少なくなった。

 そんなバックストリート・ボーイズの近況について、気になる情報が伝えられている。

バックストリート・ボーイズ

バックストリート・ボーイズ

 バックストリート・ボーイズは現在、9枚目となるアルバムに取り組んでいるところだが、人気DJのスティーヴ・アオキとEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の楽曲をレコーディングしたということだ。スティーヴが、一緒にスタジオ入りしていることを明かした。

 スティーヴは、その曲の数々がバックストリート・ボーイズのアルバムに収録されるか、自分のアルバムに収録されるかは分からないとしながらも、「一緒に曲作りをしてるんだ」とザ・サン紙に語った。

 スティーヴはロサンゼルスで偶然、同グループのメンバーであるニック・カーターに出会ったのをきっかけに、以来様々な曲を試しているのだという。

「俺たちは住んでいる場所が近いから、彼がスタジオに遊びに来たんだ」

「彼らは良い音楽を作ることしか考えていないよ」

 そんなスティーヴとの新作も期待されるバックストリート・ボーイズだが、最近では「バックストリート・ボーイズ:ラージャー・ザン・ライフ」の一環としてラスベガスのプラネット・ハリウッド・リゾート・アンド・カジノで昨年3月から行っているショーが、今年度末まで続けられることが決定しているという。


両親は日本人。アメリカ生まれの人気DJスティーヴ・アオキ



 スティーヴは1977年、フロリダ州マイアミで生まれた。父は元オリンピック日本代表レスリング選手で実業家のロッキー青木、母も日本人女性。さらに、モデルでハリウッド女優のデヴォン青木は異母妹というセレブ一家の出身である。

 ハードコアパンクから、最新のエレクトロサウンドを自在にミックスし、両腕を水平に伸ばし両足をがに股に開いてジャンプするAoki Jump(アオキ・ジャンプ)や、ファンにむけて特大ケーキを投げるという独自のDJスタイルで知られる。

Steve Aokiさん(@steveaoki)がシェアした投稿


 公演は入場制限になるほど絶大な人気で、数々の豪華アーティストとの共演、グラミー賞のノミネートなど名実ともに圧倒的な人気を誇るスーパースターDJとして知られる。

 甘く切ないラブバラードで女性たちの心をつかんだあのバックストリート・ボーイズが、スティーブとの共演でEDMに路線変更するのかどうか、今後に注目したい。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ