Entertainment

石田ゆり子のベストセラー本『Lily』、心にしみた名言4選

 石田ゆり子(48)のフォトエッセイ『Lilyーー日々のカケラーー』(1月30日、文藝春秋刊)が、いま売れに売れています。週刊文春の記事によると、石田さんが忙しくて宣伝もままならないのに発売日に10万部を突破してしまったそう。2月1日時点で14万5000部発行と、勢いが止まりません。

石田ゆり子

(C)文藝春秋

 それもそのはず。この本、なにしろ盛りだくさんなのです。ゆるふわでかわいいスナップ写真の着こなしは参考になりそうですし、石田さん直伝の料理レシピも美味しそうなものばかり。さりげなくハイセンスな食器や雑貨も紹介されていて、飼い犬とネコのシールまでオマケについてくるんですから。

 このように見るだけでも十分に楽しいのですが、やはりそこにはブレない審美眼がありそう。というわけで石田さんの文章から、芯の強さが分かる言葉をいくつかピックアップしたいと思います。

①気分は体調のあらわれ



 美しさとは素敵な表情だと語る石田さん。そして表情=心の状態であり、それを整えるのが健康だと考えているので、特に食事には気を配っているのだそう。そこで、この言葉。

疲れやすくなったり、食べものがおいしく感じられなくなったり、人の欠点ばかり目につくことが私にもあります。でもそれは、自律神経の乱れから起きていること。からだのせいだから、考えこんでも仕方がないんです。>(p.74)

 とってもシンプルなのですが、案外気づかないことかもしれませんね。自分はダメなんだと思い込む前に、身体にいい食事と適度な運動をする。トライしてみましょう。

Lily

※クリックでAmazonにジャンプします

②服は他人のために着るもの



 石田さんの私物が出品されたフリマに女性が殺到したニュースが話題になりましたね。同性から熱烈な支持を受ける彼女のファッションですが、そこにはこんな思いがあったのです。

「服を着る」「装う」ということってとても社会的なことだと思うのです。自分が今どんな気分か、どんなふうに生きているかを一瞬で周りに伝えられる。(中略)

 当たり前のことだけど、つまり、ファッションってほとんど、それを見る人のためのものだな、と思っているのです。>(p.76)

石田ゆり子

(C)文藝春秋

 ただ好きなものを気楽に着るのはファッションではないってことなのでしょう。組み合わせや色使いなどを通じて、私という人間の手がかりを他者に与えることで円滑なコミュニケーションの下地が生まれる。服を着ることはその本人を輝かせるだけでなく、相手への気遣いでもあるということですよね。

次のページ 
やっかいな自意識を捨てる方法

1
2
あなたにおすすめ