Entertainment

平昌オリンピック“イケメン図鑑”。羽生選手だけじゃないよ♪

 2月9日に開幕する平昌オリンピック。連覇の期待がかかるフィギュアスケートの羽生結弦選手(23)や、スキージャンプのレジェンド、葛西紀明選手(45)の活躍の他に楽しみなのが、イケメンウォッチング。というわけでピックアップしてみました。

①ケビン・ローランド(28) フランス、フリースタイルスキー



 まずはソチ五輪で銅メダルを獲得したフリースタイルスキーハーフパイプのケビン・ローランド選手。日本ではあまりなじみのない選手ですが、アスリートらしからぬアンニュイな表情が魅力的。スキーウェアのラフな着こなしもさすがはフランス仕込み。

Kevin  Rolland

Wikimedia Commons(CC BY-SA 3.0)




②ハビエル・フェルナンデス(26) スペイン、男子フィギュアスケート



 今大会、羽生結弦選手のライバルでもあるフェルナンデス選手ですが、日本では安藤美姫(30)と恋仲だったことで一躍名前が知られました。正統派の清潔感あふれるイケメンで、安藤さんが夢中になってしまったのもうなずけますね。

ハピエル・フェルナンデス

(C)Olga Besnard

③ガス・ケンワージー(26) アメリカ、フリースタイルスキー



 ソチ五輪の銀メダリスト、ケンワージー選手は子犬好きの心優しきイケメン。それだけでもキュンキュンくるのに、インスタグラムでは惜しげもなくお尻を披露しているのです!


④ステール・サンドベック(24) ノルウェー、スノーボード



 弱冠24歳のサンドベック選手はジャスティン・ティンバーレイク(37)みたいな王道アイドルイケメン。彼もお尻丸出し写真を公開しています。ウィンタースポーツの人は見せるのが好きなんですかね?

StaleLIFEさん(@stalesandbech)がシェアした投稿


⑤平野歩夢(19) 日本、スノーボード



 今回金メダルも期待される平野選手は見た目だけじゃなく、ハートもイケメン。19歳とは思えぬ静かでしっかりとした話し方には、『スッキリ』MCの加藤浩次(48)も「年下だけどカッコいいね」と感心しきりでした。

平野歩夢

モンスターエナジージャパン、プレスリリースより

⑥アクセル・ユンク(26) ドイツ、スケルトン



 今大会、ベストヒゲイケメンはユンク選手に決定! 競技終了後にフルフェイスヘルメットを取る瞬間は見逃せません。



⑦ロビン・デルクス(30) オランダ、スピードスケート日本チームコーチ



 小平奈緒選手(31)や高木美帆選手(23)を筆頭に、躍進目覚ましいスピードスケートの日本女子チーム。彼女たちを指導するのが、オランダ出身のイケメンコーチ、ロビン・デルクス氏。優れた指導法の他に、モチベーションアップの理由があったのかも!?

Robin Derksさん(@robinderks)がシェアした投稿


⑧ネヴィル・ライト(37) カナダ、ボブスレー



 最後はこれぞ“漢”(おとこ)と呼ぶにふさわしい、圧巻の肉体を持つライト選手。テストステロンがしたたり落ちてきそうです。

 今回紹介した以外にも、まだまだたくさんイケメンアスリートが出場する平昌オリンピック。お気に入りを探してみては?

<TEXT/栗岡さや>

あなたにおすすめ