Gourmet

肉汁じゅわ〜!ぷりぷり皮の“生”小籠包。冷凍380円でこのクオリティ

 お家中華に、大革命。

生小龍包 お家で中華料理を作るとなると、基本は野菜炒め。ちょっと凝ったモノだと、「○○の素」を使って炒め物やスープ、というのが定番ではありませんか? それはそれでおいしいものの、ふわふわ湯気が立ち上る中で、あつあつ蒸したての「点心」を食べるなんて、夢のまた夢ですよね。

 いやいや実は、それができちゃうんです! 今回ご紹介するのは、お家でプロの味がカンタンに再現できてしまう「冷凍生小龍包」。コレ、私が昨年出逢って以来、冷凍庫に必ず常備してしまうほど感動した逸品なんです。それでは早速、ご案内をはじめましょう。

A級グルメのおいしさを、B級の価格で買える!? 冷凍で380円!!



 今回の主役は、餃子・シュウマイなどの製造で有名な老舗企業「ホソヤコーポレーション」が製造する「細谷肉店の生小籠包」。8個入り380円(税別)です。

細谷肉店の生小籠包(ホソヤコーポレーション) スーパーでよく見かける冷凍小龍包は、すでに蒸したものを急速冷凍しているケースが多く、あたため直すことにより、作りたてのおいしさからほど遠くなってしまうのが難点。

 ところがこの生小龍包は、本当に「生」の状態で凍らせているため、お家ではじめて蒸すことで、真の作りたてが再現できちゃいます

 そうです、皮のみずみずしさや、肉汁があふれ出すジューシー感を存分に堪能(たんのう)することができるんです! 外袋を開けてみると…。

生小龍包 「生」の状態で冷凍 すべすべした白肌の皮で丁寧に包まれた小龍包。同商品を業務用としても扱っているので、万人受けするおいしさは期待できるでしょう。余計なクセ・個性がなく、お肉感たっぷりで子どもも喜ぶような、まさに王道のおいしさです。

 ちなみにこのメーカーの経営理念を見ると、「A級グルメのおいしさを、B級の価格で提供します」とのこと。確かに、380円で本格小龍包が食べられたら嬉しい限り。調理はカンタンで、蒸し器を用意し、皮がくっつかないようにクッキングシートもしくはレタス外葉などを敷き、小龍包を並べて14分蒸せば完成です!

蒸し上がった生小龍包 ふわぁ~~、見事なまでにふっくらモッチモチです。蒸し上がった小龍包をレンゲに乗せ、箸で皮を破いてみると…

生小龍包 肉汁 待望の肉汁がジュワ~っとあふれ出します。

 味わい方としては、このまま食べても良いですが、酢醤油もしくは、本場っぽく黒酢+針ショウガで合わせるのがオススメです。スーパーでも取り扱っているお店はありますし、通販での購入も可能ですから、気になった人は是非一度お試しください!

<TEXT,PHOTO/スギアカツキ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【スギ アカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、独自で長寿食・健康食を研究し、各メディアで活躍中。@akatsukinohana

スギアカツキ
食文化研究家。長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを幅広く学ぶ。在院中に方針転換、研究の世界から飛び出し、独自で長寿食・健康食の研究を始める。食に関する企業へのコンサルティングの他、TV、ラジオ、雑誌、ウェブなどで活躍中。人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。




あなたにおすすめ