Lifestyle

最強の“キラキラ女子”は10歳!?約8割が「恋愛中」

「昔はメイクもファッションももっと頑張っていたのに……」

 年齢が上がるほど、女性としてのみだしなみやオシャレを手抜きしていませんか? ワコールがイマドキの小学生、中学生(9~16歳)の女の子に恋愛やメイク、オシャレのことに関するアンケートを行ったところ、特に10歳の女の子の“女子力”が高く、大人顔負けであることが判明したようです。

最強の“キラキラ女子”は10歳!?

8割が恋愛中!メイクもファッションも楽しむ派が多数



 まず、イマドキの10歳の女の子の恋愛事情やメイク、ファッションはどんな感じなのでしょうか?

 恋愛について聞いてみると、「今、恋してる」と答えた女の子は、なんと79%と約8割にものぼることが判明。

 メイクについては、「いつもする」と「時々する」をあわせたメイク経験者が44%と半数近くもいることがわかりました。さらにファッションに関する質問では、「自分の服のデザインや色は自分で選ぶ」に賛同した女の子が70%で、「少しそう思う」が18%と、約9割の女の子が自分の意思でファッションにもこだわっているんです。

メイクもファッションも楽しむ派が多数 最近の若者は恋愛離れが進んでいると言われていますが、どうやら10歳の女の子には、そんな話は無縁のご様子。恋に夢中だから、メイクやファッションにも気を使う女の子が多いのかもしれませんね。

 ちなみに、メイクをする程度や恋愛しているかどうか、ファッションへの関心を得点化したところ、10歳の平均は6.30点で、9~16歳までで最も高い得点でした。女の子は10歳のときが最もおませなお年頃と言えるかもしれません。

10歳女子のなりたい職業1位は「デザイナー」



 では、10歳の女の子の憧れの職業は何でしょうか? なりたい職業ランキングのBEST5は以下のとおりです。

1位 デザイナー(ファッション、ジュエリー)
2位 教師
3位 モデル
4位 看護士
5位 医者


 2017年の同じ調査では、1位は保育士・幼稚園の先生だったのに、2018年については6位に転落。その代わり、なんともオシャレな職業「デザイナー」が1位に躍り出ました。小学4年生でファッションデザイナーやジュエリーデザイナーという職業の存在を知っていて、それに憧れるというところがとってもおませですよね。

自己肯定感の強さは10歳がピーク



 そんな10歳女子の心の中に迫ってみると、自己肯定をする女の子の割合が10歳はとても高いことがわかったんです。「自分のことが好き」「今の自分に満足している」というように自分自身を肯定する回答について数値化してみたところ、10歳の女の子は平均が2.87点で9~16歳の中で最も高い点数でした。おまけに、この自己肯定度合いは10歳をピークに、年齢が上がるほど下がっていくんです。

自己肯定度合いは10歳がピーク 目白大学心理カウンセリング学科教授で、発達心理学、家族心理学を専門とする小野寺敦子先生によると、自分の良いところと悪いところを自覚するようになるのが、ちょうど10歳頃なのだとか。

「『悪い点は直さなければいけない』『今の自分ではダメだ』という意識が強くなるために、自己肯定感は年齢が上がるにつれ下がってしまうのです」(小野寺先生)

 ちなみに、「新しい友人がすぐできる」「誰とでもよく話す」といった、周囲の人との関わりが好きな度合いについても、10歳女子はとても高い数値で、年齢が上がるほど下がることも明らかになっています。

 自分のこともまわりのことも好きで、恋愛にもオシャレにも興味津々――10歳は、女性が人生で一番キラキラしている時期なのかもしれません。でも大人になっても、時には10歳の頃のように日々を目いっぱい楽しむ心を思い出してみたいものですね。

【10歳キラキラ白書2018年版 調査概要】
●調査主体:株式会社ワコール
●調査期間 :2017年9月~12月
●対象 :ワコールが運営する小学生・中学生の女の子向け下着の悩みを解決するサイト「ガールズばでなび」訪問者3,299名(10歳=321名)
●方法 :インターネット調査

<TEXT/佐藤まきこ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

あなたにおすすめ