Gourmet

キウイは緑と黄色でどう違う? キレイになるキウイの食べ方

 おいしい、キレイの7ストーリー。 キウイフルーツ 先日、ニュージーランド(以下NZ)に行ってまいりました。健康志向が高まるNZでは様々なヘルシー食材が登場していますが、中でも世界的に有名なのが、「キウイフルーツ(以下キウイ)」。優れた健康効果だけでなく、食べ物をおいしくするパワーを持つことで、ますます注目度が上がっています。  そこで今回は、ニュージーランド取材を通して実感!「キウイのおいしい&きれいになる話」を7つお届けしたいと思います。

意外と知らない!キウイのおいしい話・キレイになる話

 今回の取材先は、キウイフルーツを世界中に提供し続けるリーディングカンパニーのゼスプリ・インターナショナル。彼らにキウイ農園、研究所、キウイ料理の実演などを案内してもらい、そこで感動したコトを7つにまとめてみました。 1.肉をおいしくする マヌカハニー&ジンジャーラム(ラム400g分) キウイフルーツには、「アクチニジン」というタンパク質分解酵素が含まれているため、肉料理の下ごしらえに「キウイのすりおろし」を加えると、肉が柔らかくなる効果が期待できます。現地で教えてもらったのが、キウイでマリネした「ラム肉のロースト」。これは一生覚えておくべきレシピです。 【マヌカハニー&ジンジャーラム(ラム400g分)の作り方】 ※作りやすいようアレンジを加えています。 (1)厚切りのラム肉を、マリネ液[グリーンキウイ(すりおろす)2個、ショウガ(すりおろす)1片、マヌカハニー(なければ普通のハチミツ)大さじ1、ニンニク(すりおろす)1/2片]に漬けて、6時間~1晩冷蔵庫で置く。 (2)肉についたマリネ液を取り、塩こしょうをして焼く。 (3)肉を取り出したフライパンに、残ったマリネ液と砂糖小さじ1を加えて煮詰める。 (4)肉にソースをかければ完成! 2.野菜料理をおいしくする 美容サラダ NZでは、サラダやメイン料理のつけ合わせにキウイが使われることは、珍しくないのだそう。たしかにサラダの中にほどよい酸味・甘味が加わると、全体のバランスが整います。グリーン野菜(ベビーリーフやベビーほうれん草)、チーズ、根菜類(ビーツやカボチャ)、ナッツ、キウイをたっぷり混ぜて、おいしい美容サラダを作りましょう。 3.緑と黄では強みが異なる キウイフルーツ グリーン(緑)とサンゴールド(黄) キウイにはビタミンC、食物繊維、カリウム、葉酸など、美容に嬉しい栄養素が豊富に含まれています。実はグリーン(緑)とサンゴールド(黄)では、それらの含有量に違いが。ビタミンCの力で美肌力アップを目指すなら、「黄」。食物繊維による整腸作用を期待するなら、「緑」と覚えましょう。 【ビタミンC】 サンゴールド161mg、グリーン81mg 【食物繊維】 グリーン3.0g、サンゴールド1.4g ※ゼスプリキウイ1個あたりの数値4.スムージーには「直前」に入れないとマズくなる キウイのおいしいスムージー NZで活躍する料理研究家のミーガン・メイさん宅で美容料理のレッスンを受講。その際に習ったのが、キウイを入れたおいしいスムージーの作り方。キウイの種がつぶれてしまうと、苦味・渋みが出てしまうそうで、ミキサーで撹拌(かくはん)する際には、他の材料よりも後に加えるのが、おいしさのポイントなんだそう。実践してみると、その違いに驚きます。
次のページ 
キウイは50種類もある
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ