Lifestyle

「バーを開きたい」彼氏の夢を手伝ったら…顔に青あざ、借金まで背負うハメに

赤字が続いた結果、お店は……

 そんな生活が続いて1年半、ついにユイカさんにも転機が訪れます。 「毎日、彼だけ飲み歩く生活をしていたので店はどんどん赤字になり、ついに閉店することになったんです
閉店

※写真はイメージです

 彼の叶えた夢は、1年半で立ち消えてしまったんですね。 「店には100万円以上の借金が残り、彼は1人で返済すると言いましたが、借金返済しながらでは家賃も払えない状態に……。同棲しているマンションの保証人は私の親になっていたので、親に迷惑をかけるわけにもいかず、結局2人で返すことになりました。今は返済のためにキャバクラで働いています」  借金の返済が終わったら、別れたいと話すユイカさん。彼が飲みにいくことはめっきり減りましたが、酒癖の悪さは今も変わらないといいます。お酒に罪はないけれど、男性の酒癖には早めに気付くことが必要かもしれません。 ―シリーズ「人生の転機、上がったり下がったり」vol.2― <TEXT/結城 イラスト/ただりえこ>
結城
男女観察ライター。鋭い視点で世の男女を観察し、 夫婦問題からイタい火遊びまで、幅広いエピソードを華麗に紡いでいく。Twitter:@yuki55writer
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ